敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 06   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
来訪者数
total : 392079
yesterday : 205 / today : 039

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2008/06/17
 !!$more!!!!$more!!!!$more!!
    親愛なる倫友の皆様へ さわんちゃ通信 No.195  

               『太郎君、花子さん』
 私の車は「太郎君」妻の車は「花子さん」と各々名前がついています。朝駐車場で車に乗る前には必ず、「太郎君おはようございます。花子さんおはようございます。今日も一日よろしくお願いします。」と言ってから自分の車に乗ります。「物は全て生きている。大切に扱えば、持ち主のために喜んで働く」という言葉があります。
 また日本には昔から八百万の神(やおよろずの神)と言われるように、全ての物に神が宿っているので大切にしなければならないという考え方があります。
 以前我が家にドイツから一人の青年がホームステイに来た時、神棚と仏壇が同じ部屋に並んでいるのを見て、「神と仏が一緒なんておかしい」と理屈っぽく文句を言ったことがありました。私は下手な英語で「そこが日本人のよいところだ。全ての物を尊敬する心が日本の精神文化で、祖先を代々さかのぼるとどこかで神になるんだ」と言い一緒にすわらせて、神様の名と親祖先の戒名を言って祝詞とお経を聞かせてやったことがありました。するとそのドイツ人青年は
posted at 2008/06/17 15:16:24
lastupdate at 2008/06/17 15:16:24
修正