敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2006 / 06   «« »»
01
T
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
28
W
 
29
T
 
30
F
 
 
来訪者数
total : 394748
yesterday : 041 / today : 195

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2006/06/01
「耳は聴くもの」
みなさま こんにちは。5月26日(金)の長岡南倫理法人会のMSでは上記のテーマで(社)倫理研究所の名児耶久男副参事(長岡市在住)からお話していただきました。(名児耶久男氏は20年前、澤を新潟県倫理法人会に誘って下さった、いわば倫理の職親です。)

*「いただきます」の心はどこに行ってしまったか?:
ある小学校のPTAが「給食費を払っているのだから、うちの子には『いただきます』を言わせないでほしい。」とか、「手を合わせるのは宗教的だから、やめてほしい。」とのクレームがあった。よほど特別な人かと思ったら、そのことに「共感できる。理解できる。」という人が数%いるようである。(産經新聞)『いただきます』は、この食べ物が私の口に入るまでには見ず知らずの多くの方のお世話を受けていることや、「食べ物そのものが生きているものの生命力を断って、人間の役に立ってもらっていることに感謝する」という本質を忘れた人の言葉であろう。手を合わせることも、感謝心の無い人には出来ない動作なのである。

*耳は聴くもの:
耳小骨の一つに水が入っており、4000本くらいの神経繊維が入っていて、その振動でかすかな音も聴き分けることが出来るそうである。そんな貴重な聴く力を持っていても、一所懸命に聴くと45〜60分が限度であり、3時間以上も聴くと疲れてしまう。話をする方は、何時間話しても疲れることは少なく、人は聴くよりも話す方が好きである。
*論語の耳順:
「50にして天命を知り、60にして耳順い、70 にして己の欲するところに従えども範(のり)を超えず」の『耳順』とは、何を聴いてもなるほどと思い、悪口を言われても腹が立たないことである。まともに、ありのままに、淡々として私情や私利私欲をはさまず、素直に聴くことである。

*耳たぶを大きくする方法:
人の話をよく聴く人は、耳たぶが大きくて福耳と言われることも多い。人の話をよく聴き取って役に立てようと努力をしていると、耳たぶは大きくなる。仏像の耳たぶは大きい。

*共感力と傾聴法:
人の心を聴くつもりで、自分の知識や経験や先入観を取り去って、ひたすら聴くことが共感力を高める道である。倫理研究所の生涯局では、生活倫理相談士の認定講座で傾聴法を学び身につけるが、その時のキーワードは「答えはあなたの手の中に」である。
愛和の実践で相手と自分を結びつけることが、聴く本質である。
   感謝合掌

posted at 2007/06/13 15:08:58
lastupdate at 2007/07/26 14:18:25
修正
 
2006/06/27
「日本創生の心〜負けてたまるか〜」

 みなさま こんにちは。富士高原研修所での生活倫理相談士講座出席などでしばらくあきましたことをお許し下さい。6月20日(火)の柏崎準倫理法人会の倫理経営講演会では上記のテーマで法人局中西浩局長の講演をお聞きしました。

*多産多死の時代:
過去に無かった程のスピードと変化を要求され、次々と新商品を開発しないと3週間位で飽きられる時代となった。食品業界では全国を8ブロック位に分け、各々の地域での好みが異なることを考え、味を微妙に変えている。いかに対応を早くするかが勝負である。

*負けないために耐えるべき3つのこと:
1. 苦しさに耐える:
逆境の時代と順境の時代をくぐり抜け、苦しさを体験した人には強みがある。たとえば、小島虎之助という自称「日本一の借金王」は、バブルがはじけた時3000億円の借金を背負ってしまったが、常に元気ですでに2900億円を返却し、現在100億円の借金になったという。ケタはずれの借金をすると開き直りが出るが、ショボクレているのは4〜5000万円の見える範囲の借金をしている人で、さらには7〜800万円の借金をしている人に自殺する人が多い。これは、全て「今持っている物を捨てきれずにいる」ことに他ならない。あるドライブイン経営者も40億円もの借金で倒産した際、債権者会議で逃げずに家中の子供達の貯金まで全て出して無一文になった時、今まで苦手と思っていた人が別室に呼び、「これでメシでも食って元気になって出直せ」とお金を渡してくれた。本当に大変な時や行き詰まった時に、本当の友人や支援者が見えてくる。

2.冷ややかさに耐える:
いったん落ち目になると、世間の目は冷ややかになるが、それに耐えねばならない。また、事実と真実は時にはイコールではないことも多く、小さい頃に悪いことをした時、おやじが自分を殴ったことは事実だが、その奥には本当に自分を思い、良くなってほしいと心の中で泣きながら殴った真実を考えねばならない。冷たい仕打ちと思えることの中に、愛情があることも多い。

3.煩わしさに耐える:
人付き合いで面倒なこともきちんとこなし、約束を守り、礼を尽くさねばならない。そのことで信用が出来、いざという時に助けてもらえることが多い。

*人は前に進むようになっている:にも関わらず、マイナス言葉や否定語を多く使う人があまりにも多い。後ろ向きの人や、他人のせいにばかりしている人とは付き合わない方が良い。どんな言い訳をしても前向きにはならない。さらにツイテル人は、前向きな人が多く、元気をもらえるので、こちらも積極的な手が打てる。前向きであり続けたい。

*毎朝暗闇で商品に挨拶をしているある会社:毎年2ケタの売り上げの伸び率を示しているが、ちょっとした差の反復連打を社風にまで高めると一味違ってくる。王陽明の「山中の敵をうつは易く、心中の敵をうつは難し」の言葉どおり、自らを律していくことが大切である。人は山に登る時は前屈みで頭は低いが、下り坂の時は反っくり返り頭が高くなっている。東京都倫理法人会の瀧住会長は、お父さんの遺言で「自社ビルを造っても近づくな」と言われ、守っているが、自社ビルを造って入る前に眺めているとおごりが始まるとの戒めである。もうこれで良いと思った時から下り坂は始まるが、少しでも世の中や人のために役に立ちたいと思っている時はまだ伸びる。
この地域になくてはならない会社になってほしい。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 15:08:31
lastupdate at 2007/07/26 14:16:41
修正