敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2006 / 04   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
 
来訪者数
total : 394968
yesterday : 060 / today : 071

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2006/04/07
「何のために生きるのか」
 みなさま こんにちは。諸事多用のため、しばらく間が空きましたことをお詫び申し上げます。3月21日(火)には東京ブリンスホテルにて、上記テーマで京セラ竃シ誉会長でKDDI最高顧問の稲盛和夫氏と作家の五木寛之氏の出版記念講演&トークステージがあり、出席の機会を得ましたので記します。

 [稲盛和夫氏]
*生きている第一の目的は「人に尽すこと」:生かされている限り、人は他の生き物を助け、人の為に尽すことに意義がある。慈悲の心(優しい思いやり)で利他の行為を行なうと、自らの運命も変えられる。この地球上の生き物が共生していくためには、その頂点に立つ人間が美しい心を持っていく必要がある。禅の極地でも慈悲の心を全てに対して持つことが生きる目的とも言える。

*魂を美しく磨くために:毎日「そうありたい」と願い、一日の行動は「よきこと」であったかどうか反省し、修正してゆかねばならない。美しい魂になると、誰が見ても人柄が変ってくる。
   芥川龍之介:「運命はその人の性格に宿る。」
   小林秀雄:「人はその人の性格にあった事件にしか遭遇しない。j

 [五木寛之氏]
*心のケア:今、大きな会社や医師が一番問題にしているのは、心のケアである。一流大学を出て一流企業に動めている社員にアンケートをとると、41%が心の問題で悩んでいる。「心療内科」という言葉が多く聞かれるようになったが、F精神科に行く」と言うと本当の病人のように感ずるので、軽い気持ちで行けそうな心療内科が混んでいる。今の時代には心優しい人ほど心が痛む。バリバリ仕事している人も本当は気が優しく悩みがちな人なので、あえて虚勢を張っているにすぎないかもしれず、いつ崩れるか分からない。

*日本は文明諸国の中でN0.1の自殺大国である:平成10年頃から前年比30%増しで、昨年は3万数千人もの人が自殺をし、交通事故で亡くなる約7千人をはるかに越えている。故に、今は心の戦争の真っ只中といえ、日本人の命がこれほど軽くなった時期は無い。自分の命の重さを感じない人は、他人の命も大切に思わなくなり、犯罪が増えている。

*乾式と湿式:東大の工学部建築工学の教授の話に、コンクリートの使い方で乾式工法と湿式工法の話があった。湿式の方が耐久性が強まるようである。教育も温もりの無い乾式になっているし、医療も検査漬けで、患者さんの顔を見ないで診断しがちになっている。

*人の病んだ時代に生き残る2つの方法:
@心をもっと乾かせ、プラスチックかステンレスのようになって非情に生きる。
A傷つきながらも、じっと耐えて生きてゆく。
人間はこのどちらかをうまく使い分けているが、最終的にはAの生き方しか無い。なぜなら、ため息をついてでも慈悲の心を知りながら生きることこそ、愛のある人間的な生き方になるからである。悲とは心に大きな憂いを抱きながら生きることである。そしてオアシスの水のような役割を果たし、愛から愛情になって人間らしくなる。戦後日本人が失った最大のものが情であり、悲しみや嘆くことを悪ととらえるべきではない。思い出して深く悲しむことで、体の細胞が活性化してくる。こういう経験をした人こそ、腹の底から笑える人になる。

*兼六園の雪吊りはどういう木にするか?:細く弱い木にではなく、大きくても堅く曲りにくい木にする。人も体がしなっていると折れないし、生き残れる。自殺をする人は強い心が折れた人のことが多い。悲しみの中で涙を流し、絶望の中で一筋の光明を見い出すことも生き方である。そのためには旅をすることを勧める。歩き回ると自分の足元が見えてくる。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:51:30
lastupdate at 2007/07/26 14:08:22
修正
 
2006/04/25
「今、私達が直面する内外の問題」
 みなさま こんにちは。さわんちや通信を書く時に難しいのは、プライバシーに関わることや、感動的な良い講話です。言葉として発したものが文字になると、ニュアンスが違ったり、心まで伝えることの困難さもありますので、できれば直に話を聞きにお出かけ下さるとありかたいところです。講師の話を、聞き手の一人としての澤を通して感じたことを文字にしていますので、善意にとってFさればありかたく思います。
 しばらくそのよい講話が長岡市倫理法人会に続いただため、書けませんでした。
そこで3月30日(木)東京外人記者クラブで日本経営者クラブ定例会(第21回)における、ジャーナリスト櫻井よし子さんの講演会に招待を受けましたので、いくつか列記します。

*日中平和友好条約(1978年)と靖国神社の合祀:
 中国は日本から大規模な援助(ODA)を受けることを最大の目的として、日中友好条約を結んだが、その時日本に対して次のことを言った。
@経済技術の援助として7000億円欲しい。
A日本はソビエトの脅威を防ぐために軍事大国になりなさい。そのため軍事費を2%くらい上げてはどうですか?
B中国と日本が協力してソビエトに対抗し反覇権主義を貫こう、つまり外国から圧力を受けたら、はねのけていこう。

 丁度この時、靖国神社において東京裁判でA級戦犯とされた人も共にまつる合祀が行なわれたが、靖国神社の話は全く出ず、中国が傷ついた等とは一言も言っていなかった。それが突然1985年になって日本を攻撃する手段として、日本の世論が割れることを計算して言い出してきた。これは日本が目覚ましい経済発展をしてきた時期と一致する。
 案の定、マスコミの一部がすぐに中国寄りの報道をしてくれ、日本の世論も首相の靖国神社参拝をめぐって論争をするようになった。日本は自由な国であるが、これほどマスコミが自国の国益を考えずに騒ぐ国もめずらしい。騒いでくれればくれる程、外国からは脅しをかけやすいし、効果がある。日本国の政治家は中国等外国のために生き技くのではなく、日本の国益の為に生きてほしい。中国は政策として靖国神社のことを言っているだけで、将来言わなくなる時期が必ず来る。その時に、今外国に迎合して本質を見失っている日本人は、国民にどう申し開きをするのだろうか。日本は今後30年間のエネルギーの担保をしているが、中国では経済発展をとげているとは言え、消費も大きいので、あと10年もたつと石油を買うお金が無くなる危ない国である。その時技術で助けてやれるのは日本であり、これまでも中国の近代化は日本の協力がなければできなかったことは世界中でよく知られているので、卑屈になる必要は全く無い。日本人として「志」を持ち、それを言動に現す人に次期総理になって欲しい。

*女性天皇と女系天皇について:
 世界に類のない日本の皇室の2660年続いた伝統は守るべき価値がある。女性天皇はこれまでも何名かおられたが、女系天皇となったことは一度もない。愛子様が女性天皇になられることは何も問題は無いが、その次の天皇は伝統に基づいて男系で考えるべきではないか。

 なお、5月31日(水)18:30〜20:00長岡市立劇場にて、「櫻井よし子さん長岡を語る」のテーマで講演会を行ないます。当日、13:00長岡駅集合して、バスで山古志村を視察し、楼井さんと昼食を食べ、長岡商工会議所での「山本五十六遺品展」を観て、講演会に出席し、20:30長岡駅で解散のツアーもあります。ご希望の方はFAX : 0258-36-5779 (澤)までお願いします。


感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:51:05
lastupdate at 2007/07/26 14:06:34
修正