敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2005 / 11   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
 
来訪者数
total : 394822
yesterday : 032 / today : 036

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2005/11/25
「倫理の実践と反省]
 みなさま こんにちは。
 11月22日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは燕西蒲倫理法人会会長で(株)三栄製作所の山ロ正勝社長より上記のテーマでお話をしていただきました。

*平成11年5月三条市倫理法人会入会以来:
 それまでは何となくうまくいかなかった事が、次々と良い方向にむかい、6000坪の土地の購入もでき、社員も80名に増え、工場やセンターが4ヵ所になり、仕事を断りきれない程いただくようになった。これは良い会だと三条市のモーニングセミナーに通っているうちに、燕西蒲倫理法入会を分封させていただき、倫理に触れて6年目に会長職を拝命することになった。

*朝礼の凄さ:
 倫理法入会の朝礼研修に出席して会社に取り入れたら、社員が皆立派になり、若い社員に活力が出てきた。(洋も訪問させていただきましたが、動作に無駄が無く、礼儀正しく、たいへん素晴しい朝礼でした。)ある時、戸外でやってみようと全社員で道路に向って始めたら、工業団地の中を通る他の会社の人達が車を止めて見学するので、交通渋滞が起きてしまった。
 良い事は、人にも好感を与えるようである。

*出前朝礼:
 日本一一の三条市倫理法人会のモーニングセミナー的の役員朝礼に出席する人が増えてきている事から、普及拡大に数人で会社訪問をして出前朝礼を始めたところ、すぐに3社入会していただく事ができた。今後は会員で立派な朝礼をやっている所を見てもらって、同じように出来ることを強調し、お手伝いをしていく事を考えている。

*自分のセールスポイントは誰とでも話ができる事とチャレンジ精神旺盛な事:
 これは昨年度普及拡大委員長を拝命し、多くの会社を訪問させていただいたことでさらに磨きがかかり、自社の販路拡大や業績をアップすることにたいへん役立った。トップの性格が消極的では会社が伸びないように思う。

*断られる事も楽しみの一一つ:
 何度か普反拡大に伺っても断られる事は多いが、その理由や社長の断わり方も勉強になる。
その言葉から倫理法人会のあり方や自分の生き方も学べ、自社の今後の改善点などにもヒントがいただける。

*生活信条は「どんな事も必ず成し遂げる」:
 倫理法人会で学び人に会っているうちに、「やればできる」ことを実感した。できないのは、自分がやる前から腰が引けたり、ダメな理由を考えたりしていることであると気付かせてもらった。

*将来の夢は精密板金では県央地域一番にすること:
 純粋倫理の本質を学び実践する事で、夢はかなえられそうに思う。そのためにも、今仕事をいただいている常連のお客様を大切にすることを第一としていきたい。これは倫理法人会でもモーニングセミナーなど常連の皆様をより大切にし、出席すると良い事が多い事をわかってもらう努力の必要性に通ずるように思う。


感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:41:29
lastupdate at 2007/07/26 13:31:43
修正
 
2005/11/21
「繁栄する企業はここが違う」
  みなさま こんにちは。11月15日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは、倫理研究所の木村重男参与から上記のテーマでお話していただきました。

*生き残りのために、もう一度みなおすべき事:
@企業理念の確立
A社員教育の徹底
何のためにこの仕事をしているのか、自分達の存在理由は何かを再確認し、社員もその理念に向って最大の能力を発揮してもらうために幹部社員から先に教育をする必要がある。

*朝礼ひとつ見れば全てがわかる:
時には会社の中で、「時間がもったいない。その時間に仕事をやった方がよい」とか、「自分は仕事をちゃんとやっている。今さら朝礼など必要ない」という者がいる。そんな場合は次のように意義をしっかり話すべきである。
@朝礼は一日のスタートであり、一人一人が立派になるための勉強の場である。
A目本の企業の93%が何らかの形で朝礼をやっている事実は、全国の経営者がそれだけ朝礼に価値を見い出している証拠である。
B仕事さえできれば良いという時代でなくなっている。良い会社、強い会社をつくるためには全員が協調し、共通の認識と目標を持つ必要がある。
Cトップが「必ず朝礼をやり続ける」という信念を社員に話し、Fそれでもやりたくないなら辞めてもらって良い」くらいの気概を示す。良い事をやり続けるなら、必ずその会社に合った人が集まる。

*行って3割、聴いて7害l:
クレームはつきもの。その処理の仕方で将来が大きく変る。まず、できるだけ早く相手の所に行くか対応を始める。次に十分に良く聴く事で相手のいらだちは鎮まりやすい。
ある美容院の話であるが、お客様が髪をカットしてもらった後で「自分の思っていたイメージと違う」と言ったら、従業員からFあなたの顔が悪いから合わない」と言われた。そのお客様の口から美容院の対応の仕方が伝わり、人が行かなくなり、ついには倒産してしまった。

*逆にある建築屋さんの話:
多くの人にとって家を造るのは-生の仕事。そこで建築後、建て前の1周年目にワインを持って訪問し、「1周年おめでとうございます。何か問題はありますか?」と聴き、その後も数年に1度定期的に顔を出している。その結果たいへん喜ばれ、他の家に紹介をいただいたり、リフオームの注文を受け、益々繁盛している。

*家庭に問題のある人の採用は避けるか、早く解決できるようにしてやる:
今は勝つか負けるかの時代ではなく、生きるか死ぬかの時代である。家庭に問題を抱えている人は会社でも仕事がウワの空になりやすく、そういう人の多い会社は生き残れない。現状維持は退歩であり、早期発見の大切さは会社も人も同じである。本人の朝礼での気付きや倫理的考え方のアドバイスで、安心して会社で什事ができるようにしてあげる必要がある。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:42:03
lastupdate at 2007/07/26 13:34:19
修正
 
2005/11/14
「課長のひとりごと」
 みなさま こんにちは。11月8日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは、長岡警察署交通牒の市川昭一課長より上記のテーマでお話をしていただきました。
*交通事故(人身事故):
年間に新潟県内で12000件、長岡市では1165件、死亡事故は新潟県内155人、長岡市は11人で、その半数以上が65才以上の歩行者の方である。これは全国的にも同じ傾向があり、高齢者の事故が増えている。長岡市では交差点での追突事故が多い傾向があるが、交通事故全般にわたって原因として次の事が考えられる。
1.前をよく見ていない。
2.安全確認不足。
3.車の動きを気にしていない。
 相手が悪い場合でも、こちらにほんの少し余裕があれば、防げる事故は多い。

*中越地震の影響:昨年地震後の10/23〜12/31の間に8人死亡している。全国でも震災を受けた地域で、その後の事故が多い。これは道路事情が悪くなったことも少し原因があるが、生活の中に震災の影響を大きく受けており、心配事が多いと運転している時に頭の中に浮かんでくる事が注意力の欠如につながっていると考えられる。
 逆に朝、出勤時に「今日は張り切って仕事をしよう!」と思う人に事故は少ない。
 ちなみに市川さんは、結婚してから奥様に一つだけ約束してほしいと、次のように話をされたそうです。「私は警官として交通にたずさわる事になった以上、自分から交通事故を起こすわけにいかない。そこで、もし前日にどんなに夫婦ゲンカをしても、朝出かける時だけは『いってらっしやい』と明るく元気な声で見送ってほしい」(講演後の食事の際の話)

 ところで、私、潭も当院の朝礼の時に逆説的に「保険金をたやすく得る方法」として、時々次のような話をします。「今、妻が夫に多額の保険金をかけてから殺人までして保険金を取ろうとするような事件が増えているが、殺人者にならずにたやすく得る方法があります。それは毎朝みなさんがご主人を送り出す時、なにか一つアラを探して悪口を言ってみて下さい。一週間もすれば必ず交通事故を起こすと思うし、一ヵ月もすれば保険金が入る結果になる確率は高いと思います。」まさしく市川牒長のお話からもその事が裏付けられましたので、家族に元気で帰ってきてもらうには、逆に「何か一つ褒める」事が良いようです。
*交通事故を起こさないための戒め:市川課長が昔、車を運転していて横断歩道を自転車で渡っている方にぶつかったと思った時、次の事が瞬時に頭をよぎった:
1、両親の顔を思い出した。
2、職場での立場を考えた。
3.相手に怪我のない事を祈った。

 現実は、その方は間一髪接触もせず、何も気付かず悠々と行ってしまわれたが、ヒヤっとし全身から脂汗が出たので、車を脇に止めて呼吸を整え、事故の無かった事を喜んだ。
 それ以来、車のエンジンをかける前にひと呼吸おき、その時の場面を思い出し、自分の戒めにしている。

*暴走族も家庭の問題の影響が大きい:
 家の中がうまくいってない時は、いろんな事がうまくいかない。子育ても交通事故も同じ。
 (倫理法人会では経営も同じとし、まず家庭愛和を第一歩としています)
 家が貧しくても育てられ方や愛情のかけられ方で問題を起こす子は少なくなる。暴走族の子供達にもこの観点から接する事で良くなる子が多い,


 感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:42:31
lastupdate at 2007/07/26 13:36:07
修正
 
2005/11/07
「倫理は宝の山]〜尊敬すべきは女房殿〜
 みなさま こんにちは。11月3日(木.祝)の長岡西倫理法人会モーニングセミナーでは茨城県倫理法入会副会長で法人レクチャラーの(有)ペイント・ワン代表取締役 平野健二様より上記のテーマでお話していただきました。

*尊敬すべき忘れてはならない人:
12年前48才で倫理に出合う前は、3人の「尊敬すべき人」がいたが、今は59人に増えている。その中には両親や妻も入っているが、丸山敏雄創始者をはじめ倫理でご縁のあった方が7害qくらいになっている。その人達全てを紙に書いて部屋の鴨居のところに貼り、毎日お礼を言っている。(渾も入っているとの事で感激O

*絶対手を抜かない:
いかに売り上げを上げようか、枝を伸ばそうか、ではなく、良樹細根のごとく、目立たない根っ子を太くし伸ばすことに徹し、人の嫌がることを本気でやっている。鍵
山秀三郎氏との出会いから多くを学んで、掃除の実践を続けている。

*会社を良くするために(根っ子を太くするために)努力していること:
1.ウソをつかない(小さなウソが次のウソを呼び自分の首をしめる)
2.クレーム最優先(クレームには原因があり、次のチャンスにつながる)
3.お客様の言うことは何でも聞く(無理を聞くことで、次の仕事の紹介が多くなった)
4.ハガキを出す(お客様に仕事の受注時や終了時の他、周年的に礼状を出す)
5.現場の掃除を徹底的に行う
6.手を抜かない

*挨拶のありがたさ:
車で街を通りかかって知人に会った時に止まって窓を開け、「こんにちは、お久しぶりです」と挨拶したら、その方が喜んで’ドさり、その後何回も仕事を下さった。
 人は70才以上になると人生の喜悲が3倍くらいにふくらむので、できるだけお声かけをしたり、ハガキを書くことが良い。特に身内の人に書くと良い。

*腹をくくって文句を言わない、今のままでも十分良い、喜ぼう:
仕事を丁寧にやっていて納期が伸びがちな職人さんに、「もう少し早くして」と注意したら、逆に「社長が丁寧にやれと言ったでしょう」と言われた。なるほどと思い、「仕事が減ってもいいから丁寧にやろう。売り上げは関係ない」と腹をくくったら、その職人さんもいろいろと工夫して丁寧で早くなり、仕事量も増えた。

*あなたのために沢山のものを捨てた人を大切にしているか:「富士研」で水上宏先生から「あなたの奥さんは、あなたと結婚した時に故郷を捨て、両親を捨て、名前まで捨ててあなたの所に来たんですよ。全てあなたにかけてくれている。その想いに応えたことがありますか?」と言われ、せめて今からとお詫びの手紙を書いて研究所から投函した。

*妻の美点100を3年半かかって書いた:女房を喜ばせようと思って書いたのだが、一番嬉しかったのは自分であった。自分の閉ざされた心の窓が開いて新しい視点ができた。従業員の良い所も見えてきた。

*女房が本当に喜ぶこと:
1.「ただいま」と元気に仕事から帰ってきてくれること
2.食事を「おいしい」と言って食べること
3.後始末をきちんとすること
女房と心が一致したら、全てがうまくゆく。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:43:00
lastupdate at 2007/07/26 13:38:32
修正