敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2005 / 04   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
来訪者数
total : 395006
yesterday : 071 / today : 038

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2005/04/18
「倫理体験あり」
 みなさまこんにちは。中越地震で被害を受けた長岡市民の憩いの場、悠久山の桜も例年よりは1週間くらい遅れそうです。
 4月12日(火)の長岡市倫理法人会MSでは新潟県倫理法人会則幹事長、燕西蒲倫理法人会相談役(株)マツイフーズの松井利直代表取締役から上記のテーマでお話をして頂きました。

*(株)マツイフーズは「越後もち豚」の愛称で親しまれている豚肉を中心とした食肉卸し業で、社員約60人にパートさん30人、人材派遣会社から10人で、年商約22億の会社である。

*いろいろな会に入ったりセミナーに出て勉強しているが、万人幸福の栞を見て、今まで学んだことが全て出ていると思った。

*倫理で「朝起き」をするようになってから健康になり、やせ過ぎだったのが12kgも増え、心もおだやかになり、不満に思うことも少なくなった。

*会社で早朝会議を週1回6時半からやっている。最初は反発もあったが、やり続けたら会社全体が朝型に変った。今社員が7:00〜7:15に出社する会社になった。

*倫理体験とは「一所懸命にやっていると思わぬところから困ったことが解決することだよ」と上村國喜相談役に教わったことの実感:
 会社の売り上げの25%を占めていたある会社が倒産して青くなったことがあったが、倫理的実践を続けていたら狂牛病が起き、豚肉の売り上げが急に増え、損失を補って余りあるくらいになった。
土地問題でも話がこじれてあきらめていたところ、思わぬ所の話が舞い込み、かえって安く広い土地が手に入った。

*生涯局の朝の集いも妻と弟夫婦の4人で続けていたら、柴山さんという強力な味方が来てくれ、現在毎朝、若い夫婦を含め14〜15人もの人が集まってくれ、楽しくやっている。


次に4月15日(金)の長岡南倫理法人会MSでの「新成零年一磨くー」のテーマによる法人スーパーバイザー、東京都倫理法入会相談役、(株)築地玉寿司の中野里孝正会長のお話から列記させて頂きます。

*倫理を続けてきたおかげて、会社が危機に直面した時に強い力が発揮でき再建できた。

*父、母と続いてきた築地玉寿司の社長になった時に支店を出し、お店の発展には信用など関係なく、場所さえよければ大丈夫と思っていたが、3つ目に寿司以外のことも入れた大きな支店を出して、8か月で閉めざるを得なくなった。そのことで父母の40年の信用がいかに大切だったか、あるいは親から受け継いだ本業の寿司屋以外に手を出すことの危険性に気づかされた。

*人生の失敗は最後にならないとわからない。当時失敗と思ったことも実は今日成功するための教えであり、1ランクアップのために必要なことであったと思う。自分は経営能力があると思っていたことも、そのきっかけで「みんなのおかげ」ということに気づかされた。

*倫理法人会に入ったきっかけは、会社の経理部長が長期間たくみに使い込みをしたあげく、年末に夜逃げをして困っていたところ、友人にすすめられて倫理研究所の富士高原研修所に行ったことからである。倫理を教わり、その人をうらまず、高い月謝と思って自ら会社の内部の点検をし、改革を決意したところ、銀行から損失と同額の融資を受け立ち直れた。

*東京都倫理法人会の幹事長を9年間、その後会長を3年間やり、4500社を達成した時、事務局を選挙事務所のムードにし、壁に単会会長の決意表明を貼って志気を高めた。

*キーワードは「決着」と「自分が責任をとる」こと:
 経営者は常に真剣勝負で、絶対に店をつぶさないことと、後継者を育てることを考えねばならない。
 昨年5か所の不動産と自宅を売り、全財産を無償で会社に提供(個人保証)した後、この3月に息子に社長を譲り、会長となった。


 感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:23:05
lastupdate at 2007/07/26 11:27:03
修正
 
2005/04/08
『地域社会の元気は中小企業の活性化から』
 みなさまこんにちは。3月29日(火)の長岡淑倫理法入会のMSでは宮城県倫理法人会幹事長、倫理経営インストラクター、(株)フラワー中山、曳地邦男代表取締役から上記のテーマでお話をして頂きました。

*地域で億単位のお金を集める方法:先に数入の大口をそろえて「これだけあるから後はみなさんで]と多くの人に振り分ける。家に閉じこもっていて、法や協同組合に守られている人は、投資的な考えや変化を求めず、お金は出さないことが多いが、苦労してきた人は、目的や意義がしっかりしているとボンと思い切って出してくれることが多い。

*1万人コンサートなどの人の集め方:社会には暗いニュースばかりで、明るいよいニュースが少ないので、マスコミはこちらから持ち込むと、積極的にPRしてくれることが多い。発想は全て素人の方が思いがけない結果をもたらすことが多い。既成概念にとらわれていてはおもしろいことはできない。
 町内会のボランティアグループに声をかけ、めだちたがり屋さんを引っぱり出してやるとよい。

*葬儀会社での生前予約:-般に人は人生最後のセレモニーに自分の意志を入れることはできないと思っているが、発想の転換で1 0 0人以上の方からお金を預り、好みのスタイルのアイデアを出してもらっている。そのためには会社の基盤をしっかりし、自分の代でなくなってもできるしくみが必要である。音楽、特にコーラスを取り入れた葬儀に人気がある。

*社長の仕事はこわれた蓄音機のごとし:社員の遺伝子にすりこむくらいの気持ちで、わかりやすい言葉で同じことを何回もくり返し毎日言うことが大切である。理論から入った勉強は続かない。社員をまとめるには歌がよい。心が豊かになり、みんなの顔がよくなる。

*障害者でも億万長者になれる:社員に「給料の中から10%くらいずつ会社の株を買って下さい」と言ってきたが、優秀な健常者はほとんど社長の言うことを閤かず別のことに使ってしまい、素直に買った精神薄弱の人達が会社の株が上がった時、億の価の株券を持つことになった。

*お金のダンピングはできるだけしない:仙台市中の結婚式の37%に花の注文を頂いて算入させてもらったことがあったが、よい花ばかりを選んだら、高くても買ってもらえ満足してもらった。

*経営者の生き方:なんとなく生きていくことは最悪で、社員と夢を語りあいながら、旗をかかげて駆け抜けて行くべきであり、自分の得意技の中で、社会に役立つことを考えていくことがよい。また環境変化をしっかり見きわめて、常に自己改革を続けていく必要があり、そのためには倫理法入会のモーニングセミナーは最適である。倫理を本気でやっている会社はイキイキしており、地域で同業他者を圧倒している。


 次に4月5日(火)のMSでは、高橋調査設計(株)の高橋利春代表取締役から「地震で境界どうなるの」のテーマでお話をして頂きました。

*昔は巻尺などで土地の長さを測っていたので、引っぱる力で多少の誤差があったが、今は光で測量を行うので100mでも数ミリの誤差もない。人工衛星の電波を受けて調べると、世界中の土地が2p以内の誤差でわかる。

*測量図には秀吉の頃の太閤検地を基にしたものや、各自が勝手に作ったものなどによる図面があり、正確に測量すると実際と合わないものがるが、図面の変更にはその土地の所有者全員の同意が必要となる。地震や洪水で変化した所も、所有者や町内会で話し合ってイザコザが出ない形で決めた時に法務局は認める。
*広範囲にわたって地表面が水平移動した時は、土地の筆界(図面上の境界)も相対的に移動したものとして取り扱うが、局部的な地表面の土砂の移動は、筆界は移動しないものとして扱う。

なお、4月12日(火)18:00〜の小林正観さん特別講演会「ありがとうの心」と14日(水)
17:30〜の倫理経営講演会(共に長岡グランドホテル2000円)当日飛び入り大歓迎です。


 感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:23:38
lastupdate at 2007/07/26 11:28:46
修正