敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2004 / 08   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
10
T
 
11
W
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
31
T
 
 
来訪者数
total : 395006
yesterday : 071 / today : 038

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2004/08/09
 みなさまこんにちは。1週間あいてしまいましたが、さわんちゃ通信を続けさせて頂きます。8月3日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは、「病気の倫理的治し方」と題し澤が話をさせて頂きました。

★病気の原因
・全ての病気は原因があるが、複数の因子があり、同じ環境でも全員が病気になるわけではない。従って治し方も多様であるが、「病気」の字の示すように心が優先するので、心的原因をさぐることで解決し治癒することが多い。
・心配してよくなる病気はひとつもない。むしろ悪化し長びくことが多い。

★病気のとらえ方
・病気は気付きや自己変革や感謝心を養うチャンス。末期ガンを克服した人に共通する点は「なぜ自分がならねばいけないのか」という思いを捨てて、「病気になったおかげで大切なものに気付いた」とか「余命が短いなら、せめてその間にできるだけ多くの人を喜ばせよう」あるいは「がんばらずに楽しいことだけやろう」と考えるようになったことだといわれる。軽度な病気も、重症になる前に「心のもち方」に気付けば、それだけ治りが早い。
・症状の発現は困ったことが終わったことを示すことが多く、よくなる前ぶれとも言える。(例:膿が出てなおる、発熱して炎症や風邪が収まる、など。)だから無理に症状を押さえこもうとするよりも解放する方がよいことが多い。
・病気は浄化作用で、本人自身の解毒作用や、家族の身代り、地域の安定化、祖先の罪やけがれのつぐないと見なせるので、徳を積むスタートとも考えられる。また少しずつ積み重ねてしまった「まちがい」がチャラになり、これからは良いことばかり起きると考えてよい。
・「子供の病気は親の心の現れ」ともとらえられる。男の子は母親、女の子は父親の影響を受けやすく、配偶者への不満は子に病気となって現れることがある。心の向け方は夫婦の横軸が第一で、ついで親子の縦軸といわれる。

★病気の治し方
・心配症の人は、あれこれ先のことを悩むより、医者にそうなった時の治し方を聞き、安心してまかせ、次に見てもらう時のポイントをつかんでおくとよい。「心配と予防は異なる」ので予防的によいと思われることは積極的に努力してよい。しかし「健康のためなら死んでもよい」という程のこだわり過ぎや、「せねばなぬ」という義務感や責め心はやめて、明るく楽しく続けられるものがよい。全て最終的には自己責任であり、他人への責任転嫁ではかえって心が安まらず、免疫力が弱まる。
・病気はこり固まることでなりやすく、長びくので、いつも心(発想)と体を柔軟にしておく必要がある。そのためには先入観を持ってきめつけたりせず、どんな話にもひとまず耳を傾けたり、ストレッチや軽い体操で筋肉も軟らかくしておくとよい。(ケガも少ない)
・病気をなおすのは本当は医者でも薬でもなく、自分自身の力である。医者や薬はあくまでも応援団だが、強い味方にするためには、疑いを持ちながら見てもらうより、思い切ってまかせたり、薬もむやみに使わず、ここぞという時に「この薬はよくきく」と信じて使うことがよい。医者にいつも不満を言い、不審感を持っていると、同じ治療でもより痛く感じたり、医者からも親身に見てもらいにくく、治りも悪くなる。
・明朗は全てのものごとの早期回復を促す。考え方、顔、声、場所、服装、言葉づかい、笑いなど明るくなる工夫をする。
・「掃除や後始末、いらない物を捨てる」ことも病気の回復に役立つ。
・今一番やってみたいことや楽しいことを考え、グチ、悪口をへらすと治りが早い。
・どうも神様は「自分のことだけ」を考えている人よりも、「人の喜ぶことを第一に」考えている人の味方をし、元気にさせて下さるようだ。

 感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:57:05
lastupdate at 2007/07/25 18:08:32
修正
 
2004/08/11
 みなさまこんにちは。8月9日(月)〜10日(火)にかけて長岡市倫理法人会では、(社)倫理研究所広報部の中西康成部長から幹部研修(テーマ:愛の倫理)と経営者モーニングセミナー(テーマ:感謝と人生)でお話をしていただきました。共通する点も多かったのでまとめて列記します。

・「愛」の漢字の意味:立ち去ろうとして後ろに心がひかれる人の姿。その心情を愛といい、「いつくしむ」の意味となる。(常用字解)

・人類愛はたやすい。しかし前にいる人(具体的な対象)を愛することは難しい。

・愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない。愛は何よりも与えることであり、もらうことではない。(フロム)

・愛とは、自分という存在の価値認識と成長意欲から生まれるものであり、相手がただ存在してくれていることへの感謝ゆえに決断し、永続的な意志と洗練された能力によって実行しようと努力する、相手の幸福を願い成長を支援する行為である。(飯田史彦)

・愛は無条件である、盲目ともいえよう。よいから愛するのではない、よければ別に愛する必要もない。よくないから、愛するのである。唯一なるがゆえに、天上天下、取りかえる物がないから愛するのである。

・愛のムチによらなければ、人を改めさすことはできない。愛和の真心からしたことでなければよい結果が生まれない。

・愛情豊かな人間になるためには
 ・自分は愛情のうすい人間であると自覚する。
 ・自分のできる範囲で働きや時間や物、お金を人の為に使う。
 (寄附もできるだけした方がよい)
 ・自分の愛された体験を思い出す。
 ・親への愛を深める。
 ・神の愛に思いをはせる。

・愛の実践のポイント
 ・相手のよいところに関心をもつよう心がける。
 ・相手をせめる気もちをいくらかでもなくそうと努力する。
 ・思いやりの心をもつ。
 ・相手をほんとうに幸福にするためには、時には、妥協なく、きびしくする。
 ・その人の知らないよいことはできるだけその人にもすすめる。

・愛の根源は感謝であり、人生は感謝の連続である。

・感謝の心を高めるためには
 ・常に必要、必然と思うこと。人はその渦中にいるとなかなか気づかないがあらゆる人から恩恵を受けている。一人では生きられない。
 ・人生二度なし(森信三)と思うこと。今日一日を大切に思う時、全ての人や物に感謝ができる。
 ・あたりまえのことがあたりまえでないと思うこと。

「有難う」の言葉も、「普通ではありえないことをしていただく」ことから出る感謝の言葉である。人は自分の思いこみで相手がやってくれて当然と思う時には、やってくれないと不満が起きる。あたりまえに使っていた体も使えない時に初めてその有難さに気づくことが多い。
☆ 人は病気やケガをした時でさえ、ニッコリ笑いながら「ありがとう」と言い続けていると痛みが減少したり感じなくなったりすることがあります。丸山敏雄先生が無実の不敬罪でとらわれ、なぐられた時も、その人を思いやり、感謝の心を持ってからは痛みがうそのようになくなったと言います。いつも「ありがとう」の言葉を言い続けると奇跡的なことも起きるそうです。ぜひためしてみませんか。(澤)

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:57:35
lastupdate at 2007/07/25 18:09:43
修正
 
2004/08/23
 みなさまこんにちは。残暑お見舞い申し上げます。
 8月17日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは会長挨拶で磯田サヨ会長より「アテネオリンピックで今朝、日本の男子体操チームが金メダルを取りましたが、この陰には倫理的な発想の成果があったのです」との話がありました。長く低迷を続けていた日本の体操チームのコーチ陣が、世界一のロシアに学ぼうと訪れた時、一流選手の演技は見せてもらえなかったが、子供達の体操教室を見せてくれたとのこと。バカにされたと思って帰ってもよかったのだが、日本のコーチ陣が目にしたものは「徹底して忠実に基本動作をくり返し身につけること」であったといいます。ともすれば超ウルトラ技だけに目をむけたいところ、基本をしっかりやって減点を防ぐことで金メダルを得たように思います。

 ついで講話は経営倫理インストラクターで新潟県倫理法人会相談役、太陽薬品株式会社の上村國喜社長より「倫理と疾病」のテーマでお話をして頂きました。上村社長は「7月13日集中豪雨で三条の調剤薬局が2軒床上浸水の被害を受けたが、社員の献身的な努力で復興している」とのことでした。
 上村社長は小さい時は病弱で、小学生の時肺炎を患い、医者から「もうだめだ」と言われたが、お母さんが一晩抱いて看病して下さり、その祈りが通じて助かったそうです。また22才の時の病気で、1年間仕事を休んで手術入院し、夜間大学も1年休学したが、そのお陰で今、無二の親友となった三条市の渡辺喜彦法人スーパーバイザーと知り合うこととなり、一緒に倫理も学べているとのことです。

*病気のパターンは家系的に認められる:
 考え方や生活パターンが似るためと思うので、家系図などを調べ、その予防をしておくとよい。
 たとえば結核の人が多かった家系では、頭はいいが人を責めやすい家系で、胸の病気になりやすいので、注意をするとよい。

*医者は病気を治す環境をつくるだけで、薬も同じ:
 病気は全て自分が持っている力で治る。心の間違いに気づくと自然に治ってしまうことが多いが、それを機会にさらに健康で幸せになる道を見つけることができる。心を変えると運命までも変る。

*ロータリークラブの「物事の4つの判断基準」を例会時唱和しているが、大変役にたっている:
1.真実か。
2.公平か。
3.好意と友情を高めるか。
4.みんなのためになるか。

*人間が生まれた時に持っているものは親祖先から授かったものだから、これから先汚さないで子孫に伝えていかねばならない。

*病気は天から贈られた「正しい生活へ自分の心を向けるための信号燈」:
 病気は精神が自然の状態を失っているのであり、「病」という字は「うれい」「わずらう」「くるしむ」と訓(よ)ましてある。心がそのような状態になって、それが形に現われたものが「病気」である。それがその人の性質の様に固まってくると、病気(不治の病)ということになる。正常な体を得ようとするには、心の中に何も残さない、明るい心がその根元であることをつかめば良い。

*人はみな罪人、倫理上の八つの罪
 1.破約の罪、大は天との約束、人間との約束。
 2.怠惰の罪、なまけ者。
 3.私的感情の罪、自己中心の暗い感情、怒る、憂える、恨む、そねむ、うらやむ。
 4.隠蔽の罪、隠し事が多い。
 5.詐欺の罪、細かな嘘が積って大きな嘘が平気になる。
 6.人を困らせる罪。
 7.性を乱す罪。
 8.物に対する罪、盗む、粗末にする、むやみに欲しがる。

*消罪の方法:まず罪を自覚し、己のわがままを捨て去ると、美しい純情な心が消罪の原動力となり、必ず病気は快方に向かう。同時に人間の器が一周り大きくなる。そこで病気こそ大変ありがたい結構なこととなるのである。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:58:13
lastupdate at 2007/07/25 18:11:59
修正
 
2004/08/30
 みなさまこんにちは。
 8月24日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは新潟県倫理法人会相談役、近藤産業(株)近藤道弥代表取締役から「世相放談」のテーマでお話をしていただきました。
*日本の伝統的な和服を見直そう:
国際交流などで外国から日本に来た女性の多くは「きれいな和服を着てみたい」との要望が多い。
長岡に来た人には全員着せてあげたらよい。そのことで長岡や十日町の着物の宣伝にもなるし、外国の女性には必ず喜んでもらえる。

*稲盛経営賞に輝いた(株)栗山米菓社長、44歳:
  (株)京セラの稲盛和夫社長の指導で行っている盛和塾で、特記すべき会社経営をしているとの評価を受けた(株)栗山米菓は、東京都中野区で実践部支部長として毎朝朝の集いに出席し、倫理経営を基盤にした分社経営などで社員のやる気を引き出し、業績を伸ばしている。過去に赤字になった時に栗山米菓が倫理法人会へ入会し、朝の集いやモーニングセミナーでの気づきと反省を生かしているうちに、倫理経営を共有しようとしている部門から業績が良くなってきたので、今や倫理を会社の価値観にしている。そして会社に命を吹き込むのは社長にしか出来ないことと、会社での気軽な飲み会などを多くやって、社員に「与えられた職場や仕事であっても、喜んでやるには倫理経営が一番であり、それを徹底的にやったら必ず発展する」と話している。

*オリンピックゲームについて:
日本が今回のアテネオリンピックゲームでなぜこんなに沢山の金メダルをとれたかを考えると、バブルがはじけたことがよかった。バブルがはじけて会社経営も苦しくなり、原点や基本に返って見直しができた。同じ考えがスポーツにも取り入れられ、基本に戻ったところがよくなった。
支援のチームワークがよくなり、一人の選手のために沢山のチームで科学的に研究し、成果をあげた。国を思う心や、まわりの人に感謝する心が出てくることにつながればよいのだが…。

*今後の中国の発展性と投資はいかが?:
中国は北京オリンピックまでは経済的に伸びるが、日本のように確固たる高い技術力を持っているわけではないので、その先は不安である。過去、中国は水の活用いかんで発展するか否かが決まってきた。環境問題を含めて水を大切にしていかないと、大変なことになる。

ここで少し長岡市倫理法人会の今後のイベント案内を致します。
★「米百俵セミナー」長岡の偉人に学ぶ人心掌握術(不肖澤がお話させて頂くことになりました。)
           ※ 船橋市中央倫理法人会のメンバー32名との交流会をかねます。
   日時 : 9月9日(木)13:30集合 14:00〜16:00
   所  : 越路町浦 「割烹 彦三楼」 TEL 0258ー92ー2155
   会費 : 無料で、船橋からのおみやげがつきそうです。
★「マイクロバスで行く片貝大花火観賞会」
   日時 : 9月10日(金)17:00長岡グランドホテルロビー集合
   会費 : 5000円 夕食付き
   申し込み、問い合わせ:澤 TEL090ー3473ー8010または
              事務局 0258ー37ー4720へどうぞ!
★9月3日(金)朝6:40〜6:50NHKテレビ「おはよう日本」で櫻井よしこさんが副理事長を務め、長岡南倫理法人会会員の高木仁社長が理事長のNPO法人「住民安全ネットワークジャパ
  ン」についての放映があります。ぜひごらんになって下さい。
 ※10月9日(土)午後6時より長岡リリックホールにて「櫻井よしこさん講演会」(会費2000円)を開催致します。申し込みはFAX0258-36-5779澤まで。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:58:42
lastupdate at 2007/07/25 18:14:10
修正