敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2004 / 05   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
来訪者数
total : 394977
yesterday : 071 / today : 009

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2004/05/28
みなさまこんにちは。
過日さわんちゃ通信に書いておきました「はきものをそろえると心もそろう」の言葉で有名な、長野県円福寺の藤本幸邦師(94才)が長岡市、長岡南、長岡西倫理法人会の特別モーニングセミナーで、お話をして頂けることになりました。
日時:2004年6月20日(日)7時〜8時(いつもより1時間遅いです)
場所:長岡グランドホテル  TEL 0258ー33ー2111
これは(社)倫理研究所の地球倫理推進賞特別賞授与に貢献された、長野県倫理法人会の小山秀一相談役(法人スーパーバイザー)や平山一郎副会長(法人レクチャラー)のお骨折りによるものです。
長野県倫理法人会では6月5日(土)午後にその受賞記念講演会と祝賀会を行いますが、そちらへの出席も大歓迎です。(松代ロイヤルホテル)新世6月号には丸山敏秋理事長と藤本幸邦師の対談がのっていますので、ごらんになって下さい。

なお長岡での特別モーニングセミナーの前日は14:00〜16:00リリックホールにて藤本師の講演会「日本人の心〜人間とはなにか〜」があります。無料ですが入場整理券を配付していますので、必要な方、および上記の松代での会や新世についての問い合わせ等090ー3743ー8010(澤)へいつでもどうぞ。

5月25日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは「わたしの営業」と題して(有)エムケイ・メディカル代表取締役の佐々木昌敏氏からお話をして頂きました。
 *地元長岡の銀行に58才の定年まで勤め、退職してから調剤薬局の会社を起し経営しているが、それまで人にお金を融資していた立場から180°代って融資してもらう立場になり、いろいろ勉強した*お金を借りる時に役立ったのが、会社を起こそうと決心した時に息子達の言った「おやじ、俺達に経営計画書を出してくれ。借金で路頭に迷わないように」の言葉で作っておいた計画書であった。
 *会社用に建物を借りるため、オーナーに雨でビショビショにぬれた玄関に土下座して頼んだら、「絶対に貸さない」はずだったのに貸してもらえた。
 *今ベンチャービジネスで会社を作っても、10年間で残っているのは100社に6社くらいしかない。存続させるためには、採算と資金繰りをきちんとおさえておかなければならない。
 *毎朝4時に起床し、4時5分にくる新聞を1時間読み、その間これまで心配をかけ世話になった妻の背中をさすっている。
 次に5月12日(水)の長岡西倫理法人会の幹部研修における金子和男参事の話から列記します。*全ての倫理の実践は「明朗」になるためともいえる。栞の17か条も目標は明朗になるための具体的な方法が書いてある。
 *知行合一:学んでも行わなければ意味がない。学んで行わないのは学ばないよりもっと悪い。行いながら気付くことが多い。
 *倫理法人会のモーニングセミナーで、前に掲げる標語に「朝起きは繁栄の第一歩」とあるが、もともと丸山敏雄創始者は、繁栄のところを再建としておられた。千葉県で倫理法人会がスタートする時に繁栄に変えてもらったが、いずれ「再建」にもどるかと思う。苦難や失敗によって気付かされたことを生かして、その人元々もっている正しい生き方にもどることを再建といい、そこから繁栄につながっていくからである。
 *夜早く眠ることも実践の第一歩である。できるだけ太陽に近い生活をし、できれば夜11時までに眠りたい。夜更かしをしていると気付きが1ポイント遅くなり、判断力や直感力が鈍る。千葉県倫理法人会の滝口長太郎初代会長の糖尿病も朝起きで治ったといいます。
 *倒産経験のあることが入会条件の八起会の野口誠一会長は、「再建できた人は1.夫婦仲がよいこと。2.朝早く起きる人」であったと言う。
 *「日本を救えるのは倫理だけである」と言っても言い過ぎではない。

感謝合掌  


■ さわんちゃ通信 No.93 2004年05月21日(金)

みなさまこんにちは
5月18日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは東京都倫理法人会事務局長で成倫税理士法人,小林靖公認会計士から「先人に学ぶ企業発展の極意」と題してお話をして頂きました。
*「心の習慣(ものの考え方)の重要性」
 倒産経験のある社長だけで作っている八起会の野口会長によると、「不況によって倒産した会社は一社もない。全ての原因は経営者にあった」とのことである。他人や世の中のせいにせず、全て自分の責任と考えているトップのいるところは、ほとんど倒産しないそうである。

*「経営者モーニングセミナーへの参加意識レベル」
 1.反応レベル:出席した。聞いた。
 2.理解レベル:わかった。よかった。
 3.実行レベル:実践できることをさがす。やろうと決める。
 4.成果レベル:実践した結果成果がでる。体験できる。
 5.投資効率レベル:他のことにも生かし、さらなる発展につなげる。
 モーニングセミナーは心の習慣を鍛える実践の場のひとつである。

*「松下幸之助氏の使命感」
 大正7年に会社を創業し、その7年後に転機が訪れたが、そのきっかけはある宗教団体の方からの度重なる勧誘であった。「入会しなくてもよいから一度年一回の大会に出て下さい」と言われ出席したところ、スタッフ全員が一生懸命働いていたので、彼らはなぜ給料ももらわず楽しそうに「奉仕させて頂いています」と言っているのかを考えた。彼らはその宗教が世の中を変え、人を幸せにするものなので、自分がやらねばならないという使命感を持っている。これを会社に取り入れたらもっとすばらしいことができると気付き、社員を集め話をした。「この世の中を苦しめているのは病,貧,争の3つであるが、松下電器はこれから250年くらいかけて、これらを全部なくしていくための使命がある。そのためにも発展せねばならないし、この会社は社会にとって必要だ」と決意を述べ、社員と想いを共有した。そこから社員が変り会社が変った。経営者が高い志を持ったら人はついてくる。

*「チェンジング マネジメントの必要性」
 過去のやり方は現在にはあてはまらず、変えていく必要がある。
 1.変化のスピードは速いのだから、即断,即決,即行ですばやくなければいけない。
 2.企業の資源はヒト,モノ,カネの時代から知識の時代となり、それをいかに生かすかが問われる。
 3.計画は予測できず、計画通りすすまないものと思った方がよい。そこに工夫が生まれる。
 4.組織形態はピラミッド型からフラット型でチーム型や自立型がよい。
 5.組織構造は統制型から学習型になり、自ら学び気付かせる必要がある。
 6.マネジメント観は、道徳的人間観でこうでなければならないと型にはめるよりは、個性を認めて人間そのものの価値を高める見方が必要。
 7.マネジメントの方法は指示,命令よりエンパワーメント(権限を与えること)が大切。
 8.コミュニケーションは、ホイール型の中心の方だけを向いたり、上意下達ではなく、ネットワーク型がよく、いろいろな情報が入ってきやすい。
 9.問題解決の方向は、昔は上司に聞けばわかったことでも、今は社長に聞いても正解がないことが多く、その時その場での判断,対応が必要となる。(だからこそ「職場に倫理」が必要なのかもしれません)
 10.育成の方法はトレーニング(訓練)やティーチング(教育)からラーニング(学習)やコーチング(自らの才能を引き出してあげる指導)が大切である。
 :(株)ヒューマンバリューの「コーチングの技術」より


 感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:35:53
lastupdate at 2007/07/25 17:48:54
修正
 
2004/05/21
みなさまこんにちは
 5月18日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは東京都倫理法人会事務局長で成倫税理士法人,小林靖公認会計士から「先人に学ぶ企業発展の極意」と題してお話をして頂きました。

*「心の習慣(ものの考え方)の重要性」
 倒産経験のある社長だけで作っている八起会の野口会長によると、「不況によって倒産した会社は一
 社もない。全ての原因は経営者にあった」とのことである。他人や世の中のせいにせず、全て自分の
 責任と考えているトップのいるところは、ほとんど倒産しないそうである。

*「経営者モーニングセミナーへの参加意識レベル」
 1.反応レベル:出席した。聞いた。
 2.理解レベル:わかった。よかった。
 3.実行レベル:実践できることをさがす。やろうと決める。
 4.成果レベル:実践した結果成果がでる。体験できる。
 5.投資効率レベル:他のことにも生かし、さらなる発展につなげる。
 モーニングセミナーは心の習慣を鍛える実践の場のひとつである。

*「松下幸之助氏の使命感」
 大正7年に会社を創業し、その7年後に転機が訪れたが、そのきっかけはある宗教団体の方からの度重なる勧誘であった。「入会しなくてもよいから一度年一回の大会に出て下さい」と言われ出席したところ、スタッフ全員が一生懸命働いていたので、彼らはなぜ給料ももらわず楽しそうに「奉仕させて頂いています」と言っているのかを考えた。彼らはその宗教が世の中を変え、人を幸せにするものなので、自分がやらねばならないという使命感を持っている。これを会社に取り入れたらもっとすばらしいことができると気付き、社員を集め話をした。「この世の中を苦しめているのは病,貧,争の3つであるが、松下電器はこれから250年くらいかけて、これらを全部なくしていくための使命がある。そのためにも発展せねばならないし、この会社は社会にとって必要だ」と決意を述べ、社員と想いを共有した。そこから社員が変り会社が変った。経営者が高い志を持ったら人はついてくる。

*「チェンジング マネジメントの必要性」
 過去のやり方は現在にはあてはまらず、変えていく必要がある。
 1.変化のスピードは速いのだから、即断,即決,即行ですばやくなければいけない。
 2.企業の資源はヒト,モノ,カネの時代から知識の時代となり、それをいかに生かすかが問われる。
 3.計画は予測できず、計画通りすすまないものと思った方がよい。そこに工夫が生まれる。
 4.組織形態はピラミッド型からフラット型でチーム型や自立型がよい。
 5.組織構造は統制型から学習型になり、自ら学び気付かせる必要がある。
 6.マネジメント観は、道徳的人間観でこうでなければならないと型にはめるよりは、個性を認めて人間そのものの価値を高める見方が必要。
 7.マネジメントの方法は指示,命令よりエンパワーメント(権限を与えること)が大切。
 8.コミュニケーションは、ホイール型の中心の方だけを向いたり、上意下達ではなく、ネットワーク型がよく、いろいろな情報が入ってきやすい。
 9.問題解決の方向は、昔は上司に聞けばわかったことでも、今は社長に聞いても正解がないことが多く、その時その場での判断,対応が必要となる。(だからこそ「職場に倫理」が必要なのかもしれません)
10.育成の方法はトレーニング(訓練)やティーチング(教育)からラーニング(学習)やコーチング(自らの才能を引き出してあげる指導)が大切である。
:(株)ヒューマンバリューの「コーチングの技術」より

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:34:50
lastupdate at 2007/07/25 17:44:46
修正
 
2004/05/17
 みなさまこんにちは。5月11日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは(社)倫理研究所法人局普及事業部関東甲北越方面長の平尾 勝研究員から「実践力の錬磨」のテーマで話をして頂きました。

*「つつしむ」とは:
 食事の前後に「つつしんで頂きます」と言うことが多いが、この「つつしむ」の言葉には「ひかえめに」「謙虚に」「心をまっすぐ」などの意味の他「楽しく喜んで」とか「食べ物の命を頂く」という積極的な意味もある。(「人の命が尊いのはなぜか?」という小学校の道徳の時間に宿題を出された5年生の女子生徒が、「私達は食べ物を通して動物や植物など沢山の命を頂いて、私の体の中にもいっぱい命が入っているから」と答えたといいます。…名児耶副参事のお話から)

*「実践のやり方」:
 日常生活が全て実践で、その人に合ったいろいろな無限の実践がある。「あたりまえのことをあたりまえにやる実践」だけでなく、「あたりまえのことがあたりまえでないことに気付く」ことも大切である。実践は相手を変えようと思わず、楽しく自分がやることに意義がある。

*「実践の効用」:
 倫理の実践をやるとたいへんなことが起こる前に気付くことができ、「先がけて問題の起きる理由がわかる」ようになる。たとえばある社長が永年面倒をみた社員に金を持ち逃げされた時、指導を受けて「腹が立った時に感謝しなさい」と言われ、具体的に「その社員さんにハガキを書く実践」をすすめられた。どこに行ったかもわからないので、宛先を自分にして3か月書き続けたところ、「あなたが逃げてくれたおかげで、自分は沢山のことに気付かされた。これまでよい意見を言ってくれても無視したり、忙しさにかまけてよく知ろうとする努力をしなかった。申し訳なかった。ありがとう」と書けるようになり、持ち逃げされたお金はそのことに気付くために必要なことであったと考え、全て捨てても惜しくないと考えたところ、その元社員から「申し訳ないことをした。必ず返します」と手紙がきて、数年後本当に返してくれたとのことである。

*実験倫理学:
 心が変り、実践を行うと現症が現われる。ただし間違った心で実践を行えばその通りの現症が現われるから、自分がこれ程やっているのにと思っている間は、変らないか逆に悪くなることが多い。

*錬磨とは:
 くり返すことで続けるうちに隠された部分が現われてくる。短期間では表面上のことしかわからない。

*夫婦ゲンカ:
 ケンカは大いにしてもよいが、後で必ずどちらかが謝り、「ハイ」の言葉と「あいさつ」が夫婦間で行われていると、子供の返事もよくなる。親がハイと返事をし合っている娘さんが受け付けをしている会社にクレームを言いに来た人があった。文句を言われ続けても心から「ハイ」と言い続けたら、「あの娘はすばらしい。取り引きを再開する」と社長に告げて帰ったという話があるそうです。


次に前日(5/10)の幹部研修会での平尾先生の講話から列記します。
*倫理的な「朝起き」と普通の「早起き」の違い:
 目がさめたらさっと起きるか否かにあり、さらにただの「朝起き」と「朝起きの実践」の差は「早く起きると楽しいと思うことをなにかやっているか」「ニコニコ起きれるか」などにある。(星野幹事のように目がさめたら「ハイと返事をして起きる」などもすばらしい実践だと思います)

*落ちこんだ時や自分でわからない時に他人に聞く:
 「まず奥さんか御主人に聞くことがよい」と言われます。そこで毎日見ている人から「無理しないほうがいいんじゃない」と言われて肩の力がスッと抜け、かえって気軽に楽しく朝起きができるようになった人もいるそうです。 

感謝合掌   
posted at 2007/06/13 13:34:17
lastupdate at 2007/07/25 17:43:16
修正
 
2004/05/11
5月4日(火・祝)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは「徳は力〜徳は得〜」と題して、澤が話をさせて頂きました。今年度全国の倫理法人会で「日本をよくする経営道」として、「徳は力」あるいは「明朗」のテーマで経営倫理講演会が行われていますが、そこで私が話しているものの一部です。
 最近の新聞やテレビでも、たくさんの人の永年の努力が、トップあるいは一部の人の言動や行動で、一瞬にして崩壊してしまう例は枚挙のいとまがありません。それは倫理性の欠如や徳の不足が最大の原因ともいわれ、この会の必要性が更に増していくことにもなるかと思います。
 ではみんなの身につけたいと願う「徳」や「徳を積む」とはどういうことか。文献や講演あるいは多くの人との出逢いを通じて、私が感じたことをあげてみまいした。

*「徳とは生きる喜びを与えるすべて」「宇宙生命より得たるもの」:
 天から与えられた命と同じく、人のために使い、自分のまわりの人に喜んでもらうことを先に考え、人を生かすことを実践し続ける時に徳は生まれる。「人の喜びを我が喜びに」できるようになった時、生きていることの最高の喜びである徳福一致の「最高善」が自他共に与えられる。「自分だけ徳をしよう」とか、「自分だけは損をしたくない」とばかり考えている人に徳は身につかないだけでなく、大きな損をすることが多いと言われます。

*「徳によって興き、徳を失って亡ぶ」:
 世界中の歴史を見ると一目瞭然、一人の徳のある人間を慕って人が集まり、その人のために働き繁栄をなしても、人間の性(サガ)がいつのまにか初心を忘れ、おごりたかぶって、尊敬されなくなるに従い、裏切られ、さげすまされ、滅亡の道をたどることがあまりに多いようです。徳を伝えることが難しいからこそ、日々の努力が必要であったり、他人の忠告を素直に聞く耳を持つ必要があるのかもしれません。これは全てをまず受け切る「ハイ(拝)」の実践にもつながります。

*「徳とは根底に恩意識があること」:
 両親の恩、職親の恩、家族の恩、友人の恩、社員の恩など日々忘れがちなことばかりですが、最も徳があり美しい日本語ともいえる「ありがとうございます」を心をこめてもっと使いたいものです。

*「できるだけ陰徳(隠徳)をめざす」:
 見えないところでさりげなく行う徳や、もらった人が負担にならず、気付かないくらいの気配りができることがよく、出したものに見返りを求めているうちは、徳にならないといわれます。「これだけのことをしたから、これだけのことをしてもらってもあたりまえ」と考えてしまうところにトラブルが生じ、不足不満が起きてしまいます。逆に期待したことをしてくれなかったことで、人を簡単に訴える時代になってきました。そこには「ありがとう」の言葉のカケラもなくなっています。

*「徳とは面子や消極性を捨てる実践」:
 何かに気付いても、よいことだと思っても即行できず、人の目を気にしたり、後回しにして自らを制止してしまう自分がいます。倫理運動はそんな私にとって最もよい実践になっています。

*「徳はその人の器をつくる」:
 徳の人と才の人あり。徳の人は大将の器たるべし。才の人は補佐役たるべし。人として才と徳を備える人あり。容易ならざる大人なり、君子なり。

*「徳によって得た富や名誉は野山に咲く花、自然に根を張り、芽をのばしてくる」:
 これが子孫にまで影響を及ぼしていくことになり、力となることは間違いなさそうです。

*「金儲け第一主義の企業は社徳に乏しく、不祥事やスキャンダルを起こしやすい」:
 日本を美しくする会で有名な(株)イエローハットの鍵山秀三郎相談役が効率主義、成果主義に走る企業への警鐘として「大きな努力で小さな成果」といわれることに深い意味があります。また下請けの業者さんや弱い立場の人をいじめて利益をあげても、徳はできにくいのかもしれません。
  徳は人世のために積むもののようです。私利私欲を度外視して目先のことを考えずに動いた時、必ずなにかおもしろいことが起こります。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:33:35
lastupdate at 2007/07/25 17:41:08
修正