敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2004 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
30
T
 
31
W
 
 
来訪者数
total : 395006
yesterday : 071 / today : 038

メニュー

プロフィール
プロフィール。

Pickup Photo!

カテゴリ

最新記事




記事ランキング

記事検索

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO201-250
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Online Status

2004/03/29
 皆様こんにちは。3月23日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは「我がせんべい人生」と題し、岩塚製菓(株)の丸山 智相談役よりお話をして頂きました。
*昭和32年中学卒業と同時に入社し、47年間せんべい一筋にやってきたが、人生で一番大切なことは「出逢い」だと思う。初代と2代目社長に信頼を受け、3代目社長として経営もまかされたが、人の縁に恵まれ本当にありがたいことであった。

*米菓を作る会社は全国に580社ほどあり、2500億円の市場である。県内には19社あり、新潟県が全国一の売り上げとなっている。

*専務時代に初めて営業企画会議に出たら、在庫品の販売割り当ての会議になっていた。それまで工場で「おいしいものを作る」ことを中心に考えてきたが、「おいしいものを食べて頂く」ことにも目を向け、配送センターを廃止して在庫をなくし、注文を受けた分だけ作り発送した。

*食べ物はいくら加工技術があっても、原材料よりよいものは作れない:いつも使っている大豆が品不足になった時他の大豆を使ったら、あるおばあちゃんから「最近豆もちがおいしくなくなってきたけど、工程を見直して見て下さい」という手紙がきた。大きな戒めの言葉ととらえ、そのおばあちゃんに沢山のおせんべいを贈ってお礼を言い、よい材料がなくなったら一時その製品を売るのをやめて、入ったらまた再開する方針に変えた。

*経営者として4つの病気(うぬぼれ、おごり、甘え、マンネリ)にならないようにして12年間やってきた。

*自ら何も変えていないのに、結果が変らないと思うことはおろかなことである。事実をよく分析してみる必要がある。会社の体質がよくなると必ず売り上げが伸びる。そのためには自分の一番したくないことをする必要がある。

*トップになると現場が末端に見え行かなくなるが、現場は先端と考えないと生き残れない。


 次に3月28日(日)東京六本木ヒルズで日本歯科骨粗鬆症研究会の学術大会に出席してきました。そこの市民公開講座の司会をされた、古河倫理法人会の会員でもある歯科医寺川國秀先生の「笑楽校かわら版」から少し列記させて頂きます。

*口の中の歯肉と唇や頬との境界部に全身の「経穴(ツボ)」があり、口蓋や舌にも反射帯という経穴がある。(歯を磨くだけでなく、口の中全体を磨いたりマッサージをすることはとても重要なのですね。中西法人局局長も私のさしあげた小さな歯ブラシを利用していて下さるので元気がいいのかな)

*食べるという運動は、食べ物を噛み切り、引き裂き、何度も何度も噛み砕いて、軟らかくなった食べ物が口の中を動き、ツボを刺激していると考えられる。すなわち食べることの咀嚼運動や嚥下運動が全身の「ツボ刺激」になっているようだ。自然は何という素晴しい機能を生物に与えたのだろう。
(点滴−私は天敵と思っているのですが−での栄養剤注入より口からのおも湯の食事が元気になるのです)

*噛む度ごとに噛む力(咬合圧)は下顎の歯から上顎の歯に伝わり、その力は鼻から目そして脳を刺激する。噛むという物理的な力は骨の中で電気信号となり、骨を造る細胞(造骨細胞)と、古くなった骨を再生するための細胞(破骨細胞)の働きを活性化する。噛めなくなった頭蓋骨、噛まない頭蓋骨は骨の発生が止まるため、軽石のようにスカスカになり、骨粗鬆症になってしまう。(私の食べるのが遅いのもわけがあるのです)

*ほぼ一世紀前に初版の出た「原因と結果の法則」(アレン著)という「人の思いについての哲学的な思索の本」が聖書に次ぐ世界的なベストセラーになっている。「人の思い」が原因で「運命」はその結果だということである。具体的には人の「思い」が人格をつくり、人格がその人の行動を決定し、やがてその人の運命をも決めていくというもので、よりよい人生には「正しい思い」が決定的に大事である。(倫理の栞そのままですね)

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:29:48
lastupdate at 2007/07/25 17:29:08
修正
 
2004/03/19
 三寒四温そのままの日が続いていますが、皆様お元気ですか?今回は3月9日(火)と16日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーの分をあわせて報告させて頂きます。
 3月9日には倫理研究所総務局の宇都進一郎渉外部長より「デフレ時代を生き抜く本物の経営」と題して講演をして頂きました。

*実践の「践」とは「だれも踏み入れていない所にあえて行う」という意味があり、これまでの自分の殻を破って一歩踏み出すくらいにやることがよい。

*モーニングセミナーでもリーダーの元気次第だから、大いに間違えて大いに改善してほしい。それがそのまま会社でのリーダーシップに生かせる。リーダー以外の人も1週1度自己客観の場として利用できる。

*日本は今、神武天皇以来の皇紀2664年(西暦に660年をプラスする)である。西洋の暦だけでなく、自国の暦も大切にしたい。

*デフレの特徴:
1.デフレ時代は一流(オンリーワン)以外、生き残れない。従って「勝ち組」「負け組」,貧富の差が激しくなる。常に工夫をこらし、研究努力する人が豊かになる。
2.デフレになると、人は皆心のよりどころを故郷に求め、原点回帰の心が芽生える。
3.デフレは今までの大企業中心の時代から、激しい変化にすばやく対応できる身軽な中堅企業の時代となる。それゆえ世界一にのし上がるチャンスもある。最先端の情報を広く深く求めよ。

*大阪商人で江戸時代の商売の神様と言われる石田梅岩の教え:実生活に根ざした実践、即ち、心遣いと行動とが一致する道を説き、豊富な実例で、具体的な方法手段を示したが現代にも生きている。

*「ありべかかりの心」:梅岩が常用した言葉で、「ありのままの心、当たり前の自然な心」を大切にした。人はもともと純粋な心を持っているので、倹約, 正直, 堪忍を忘れないで、正しい暮らし方をしていると自分も強くなり、世間の助けにもなり、結果として身分相応の財貨と社会的権威を保てる。(これは私達が当たり前のことがやれるようになりたいと努めていることと同じですね)

*江戸時代中期の元禄8年(1695年)から13年続いたバブルがはじけ、その後35年にわたりデフレ政策(超金縮政策)が取られた。この時に石田梅岩の教えた石門心学が江戸時代の倫理, 道徳であった。大阪商人は梅岩の思想を学び実践して発展してきた。(例、住友, 大丸, ジャスコ etc )


 次に3月16日(火)のモーニングセミナーでは「社会貢献と企業の関係」と題して、にいがたまちづくり学会事務局長、(株)ゆうデザイン研究所代表取締役の浅野ゆう子社長よりお話をして頂きました。

*現代のサラリーマンの要望:
1.自分達の価値観の中で働けること。
2.世の中のプラスになる仕事をしたい。
3.成長する会社で働きたい。
 この3点を満たせばお金や出世のためでなく、働くことの面白さのためにハードワークもいとわない優秀な若い人が沢山いる。

*「とんでけ車イス」:札幌通運(株)で中古の車イスを集め、アジアへの旅行者に持って行ってもらうという社会貢献を始めたら、新聞で紹介され、大学生の就職希望ランクが上がった。次に工夫しNPO法人や市民団体との連携で、車イスを運んでくれる人の旅行代金を5%安くしたら、2000万円も旅行注文が増えた。人は皆、人に喜ばれて面白いことができることを楽しみにしている。

*これまでは人や会社も業績や利益で投資していたが、今時代が変り、企業倫理に対して投資する時代になった。


感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:29:11
lastupdate at 2007/07/25 17:26:34
修正
 
2004/03/05
 おかげ様で長岡市倫理法人会の平成16年1月度のMS出席社数が、4回の平均で83.5社となり、416単会の中で第1位にさせて頂きました。出席者数は平均92.5人でしたが、宮崎県都城市で1回500人のMSが行われて平均125人となり、長岡は2位でした。雪で駐車場の確保も大変な状況でしたが、役員一同楽しみながら、沢山の方の御協力で「やればできる」ことを証明させて頂きました。たかがMSの出席社数かもしれませんが、「されど日本一」だと思うのです。それは経営や組織にも通ずることで、できない理由をあげたらきりがありませんが、雪国だからこそ、みんな元気がない時代だからこそ、こんな私達でもやれることを証明したかったのです。念願の磯田サヨ会長を(男にはできませんでしたが)女にでき嬉しく思っています。もうひとつよかったことは、都城市が人数では1位になったように、その気になれば、なにか工夫をすればどの会でも全国一位になれる要素を持っているということにもなります。
全国の倫友の方もぜひやってみて下されば幸いです。どんな組織でも、会社でも、トップが何かを行なおうとする時、冷やかな目で「無駄なことを」と心の中で思っている人がいるかもしれません。しかし結局は素直になってやってみた人が楽しくなって得をし、必ず天の報酬が頂けるということは「万人幸福の栞」のいたるところに書かれています。これは倫理普及の原点でもあり、よさをわからずに退会されていく方に「もとをとるつもりで一度本気でためしてみてからにしませんか。必ずおもしろいことがありますよ」と言ってあげられたらと思うのです。

 前置きが長くなりましたが、3月2日(火)の長岡市倫理法人会MSは次のテーマで、澤が話をさせて頂きましたことの結論もそのあたりにあります。出席された方には同じものを見ることになりますが、レジュメをほとんどそのままのせますので、今一度目を通してみて下さればと思います。

「変化力を身につけよう」〜易、不易の原理を生かして〜
*変化のとらえ方
 ・「その人の身の周りに起こる全ての出来事は、その人の性格にふさわしいものばかり」(安岡正篤)
 ・「人間は見ているものに心も似ている」(孔子)
 ・「汚いものを見て平気な人は美しいものを見ても何とも思わず、鈍感になる」(鍵山秀三郎)
 ・「昨日の我に今日は勝つべし」(葉隠れの教え)
 ・「して見てよきにつくべし。せずは善悪定めがたし」(世阿弥)
*不易(変えてはならぬもの)★不易なるべきことを変えると滅亡に到ることあり。
 ・倫理観(恩意識,明朗・愛和・喜働,挨拶・返事・後始末,etc )
 ・自国の誇り(民族意識,伝統文化, 習慣etc )・伝統食(地産地生,日本人の体質)
 ・創業精神(理念, 目的)
*サービスに関する考え方の変化(全ての業種はサービス業)
 ・サービスは重要な商品。・過当競争になるとサービスの質が向上する。
 ・言われる前にやるのがサービス。・相手によって変えないのが本物のサービス。
 ・見せかけ,口先だけではやらないも同じ。
 ・お客様のためと言いながら、自分達の効率だけを考えているところは生き残れない。
*変化力を身につけるには?(変えてよいものと変えてはならぬものを見極める)
 ・本質を忘れないこと。・目的を定めること。・人に役立つことをすること。
 ・基本を学びまねること。・感,勘, 観を養うこと。(感じとる力,判断し実行する力, 先を読む力)
 ・練習すること。(継続や朝礼の偉力。恐るべし)
*読書のすすめ(7つの読書法ポイント)
1.テーマを持って。
2. 人に説明するつもりで。
3. 重要なのは20%
4. ひらめきを感じる(共感)
5. くり返し読む。
6. 自分の思考パターンを変えるつもりで。
7. 自分とオーバーラップさせる。
*力まず、ゆるまず、とらわれず『利口になるってことは自分がバカだって気付くこと』(斉藤一人)
 (こうであらねばならぬと決めつけることから問題が生ずる。)

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:28:27
lastupdate at 2007/07/25 17:24:22
修正