敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.95 | main | No.97 »»
«« カテゴリ内前記事(No.95) | さわんちゃ通信NO51-100 | カテゴリ内次記事(No.97) »»
2004/06/14
No.96
 みなさまこんにちは。
 6月8日(火)の長岡市倫理法人会のモーニングセミナーでは(社)倫理研究所普及局局長で常任理事の稲田博巳先生から「言霊パワーが経営を変える。〜ことばに信念を込めよ〜」のテーマでお話をして頂きました。
*「聖書のことば」(ヨハネによる福音書・第一章)
  初めにことばがあった。ことばは神と共にあった。ことばは神であった。万物はことばによって成った。ことばによらずに成ったものは何一つなかった。ことばの内に命があった。命は人間を照らす光であった。

*「言霊(ことだま)」
  言葉に内存する霊力。言葉には魂が宿っており、口から発せられると生き物のように現実に働きかけ、神秘的な力を発揮して、雨を降らせ、人を動かし、幸福をもたらす、と考えられた。

*「言霊の法則」
 ○積極的で明るい言葉を多く使っていると→嬉しいことが増える。
 ○希望に溢れる言葉を使っていると→境遇は歓びに満ちてくる。
 ○感謝の結晶した言葉を常にふりまいていると→益々感謝したくなる現象が起きてくる。
 ○グチや不足不満ばかり口にしていると→いやなことが次々と重なる。

*「言葉に命を吹き込め」
  「言葉が我がものになっているかどうか。使いこなしているかどうか。言葉の中に、命がみなぎっているかどうか。自信に充ちて、自在奔放に、平気に大胆に使っているかどうか。」(丸山敏雄)

*「幸福を呼ぶ魔法の言葉」
  「うれしいなあ」「楽しいなあ」「ツイているなあ」「幸せだなあ」「ありがたいなあ」「全てはうまくいっている」これらを夜寝る前の10分間にくり返して言うことで潜在意識にすり込まれ、睡眠中に言葉が力を
 発揮して、翌日の準備をしてくれる。必然的に目覚めもよくなる。
  次に前日の6月7日(月)の幹部研修「恩の倫理」での稲田博巳先生の話から列記します。

*「感恩、報謝」
  人間というのは親の恩を知らずしては何もわからない。基本的なことは妻子を心から愛すること。常に誰かが喜んで下さることを行う。

*「親の顕彰で事故防止」
  沼津市の大富運輸(株)では、社長の提案により、朝礼で交代に親の長所を3つずつあげる実践を行っているうちに、乱暴な運転をしていた者も気持ちが安らかになり、事故を起さなくなった。

*「内観」
  奈良県の内観道場で吉本伊信氏が浄土真宗の「みしらべ」という修行にヒントを得て始めたもの。
 1週間外界を離れ、朝6時から21時までの間、小さい時から現在まで、親にしてもらったことを、記憶をたどってノートに書く方式をとる。感性がとぎすまされてくると、3才の頃の記憶まで思い出せるようになる。

*「松原泰道老師の教え」
  新世600号でのインタビュー記事(当時93才)で、日々下の恩、横の恩を大切にする必要のあることを説いておられる。
  親や目上の人や直接お世話になった人の恩だけでなく、部下や同僚や直接関係のない人からも大きな恩を受けており、それに気づくことが大切である。たとえば生徒がいるから先生として職を全うできるとか、やらない人がいるから自分がさせてもらえるなど、あらゆることが感謝報恩の対象となる。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:40:27
lastupdate at 2007/07/25 17:53:10
修正