敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.80 | main | No.82 »»
«« カテゴリ内前記事(No.80) | さわんちゃ通信NO51-100 | カテゴリ内次記事(No.82) »»
2004/02/18
No.81
 2月10日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは法人レクチャラーで、習志野市倫理法人会会長、コメット工業(株)代表取締役の由川久子社長より「今の幸せに感謝して」と題してお話をして頂きました。事業内容は1972年写真のストロボ製造からスタートし、現在はコンピューター関連のハードとソフトを扱い、資本金1150万円,従業員は170名以上の会社です。

*自分が経営者になるとは予想もせず、専業主婦として家にじっとしているのがもったいなくて、30数年前 35才の時、電力会社勤務の主人の許可を得て、時給450円のパートに出たことから人生が変り始めた。毎日働けることが楽しく、一生懸命工夫しながらやっていたら、社長から経理をやってほしいと頼まれ、夜学に通って簿記などを勉強したら、しばらくして専務として手伝ってほしいと頼まれた。「たいへんな人を見たら助ける」のが由川家のモットーなので、経営に参画し最終的に社長まで引き受けることになった。

*波乱万丈の会社経営となり、10年間で100万台のコンピューターの組立てをやって、一時は6千万円の年収を頂いたこともあったが、関連会社の倒産や外資系親会社の突き放しもあって、借金生活も経験した。どん底の時に、自分には笑顔と時間だけはあることに気づき、どんな仕事も喜んで引き受けたが、これが現在の発展に結びついた。やる気があるか否か、私はあってやっただけ。一時期人のリストラもせざるを得なかったが、会社がよくなったので、戻りたいという人を再雇用し、現在200名近くの社員となっている。

*会社が大変だった頃に、病気になった長女を助けられなかったことが痛恨の極みであるが、娘の28才までの思い出を生きがいにして、常に心の中で毎日一緒に暮らしている。

*社員やお客様の目を見て、相手の気持ちがわかると知恵が出る。労力や感謝の心を出し惜しみしないと、知恵は泉のように出てくる。打つ手は無限。

*仕事のなかっった頃はもちろん、今でも秋葉原の電機店街を歩きまわり、名刺を配っていると世界の動向がわかり、お客様の求めているものがわかった。動いて、自分の目で見て、聞いて市場調査をするのが一番。

*先代の社長との合言葉:お互い助け合っていこう。思いやりと感謝の気持ちを忘れることなく、出逢いを大切にして行こう。出逢いを大切に!人間正直に生きれば必ず道は開ける。

*縁,運, 勘が企業を伸ばす:縁を広げ、運をつかみ、勘を働かせる。「御蔭様で」という気持ちが良い縁,運, 勘を呼ぶ。

*当社の存続、成長に必要な要素:ごく当たり前の事をごく当たり前に誠心誠意こなし、大企業にない軽快なフットワークを最大限に生かすこと。


 次に2月17日(火)の小出ホテルオカベでの魚沼倫理法人会経営者の集いから、テーマ「念ずれば花開く。ただいま倫理と葛藤中」で、法人レクチャラーで長野県伊那市の南信工営株式会社代表取締役竹松寿明社長のお話を書かせて頂きます。

*1972年設立で建築外壁資材工事とリフォーム,環境事業などを手がけ、年商26億,社員さん32名,職人さん120名の会社に倫理を取り入れている。

*倫理を楽しむ気まぐれチャンピオン:昨年あまりゴルフ場に行けなかったにもかかわらず、59才にしてクラブチャンピオンになった(ハンディ4)。ゴルフ場に行ったらまず感謝して挨拶をし、失敗した時は「さあ全部膿が出た。今度よくなるぞ」と言う。ピンチの時には妻 ,両親 ,妻の両親の名を3回ずつ言い、心を静めている。白い手袋に今の注意点を1つだけ書いて、打つまえに必ず目に入るようにしている。ボールもマークなど一点に集中してそこを打つようにしている。

*川崎康雄先生の指導で、毎朝太陽に向かって「ありがとうございます。最善の道へお導き下さい」と祈っている。 

 感謝合掌
posted at 2007/06/13 13:25:07
lastupdate at 2007/07/25 17:20:59
修正