敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.64 | main | No.66 »»
«« カテゴリ内前記事(No.64) | さわんちゃ通信NO51-100 | カテゴリ内次記事(No.66) »»
2003/10/21
No.65
 10月14日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは、長野県倫理法人会相談役で法人スーパーバイザーの(株)高田屋小泉貞男社長から「ハイッ!!・・・からの出発」のテーマで、講演をして頂きました。

*はきものをそろえること:
家族や社員にいくら口で言ってもあまり効果なし。他人がそろえなかったら自分がそろえればよい。そろえる時は「ありがとうね」と一言そえて親指と人さし指でそっとそろえたらよい。今、いつのまにかみんなでやってくれている。

*企業人である前に、よき家庭人であれ:
高田家から小泉家へ婿養子に入って義父から学んだことは、家庭教育の大切さであり、言葉で注意するよりも自ら感謝する方が教育になることであった。倫理研究所で(優良企業に選ばれて)「繁栄の軌跡」というビデオをとることになり、約1カ月間会社や自宅での生活を取材された時の義父の言葉が、「俺、こんなに幸せになるとは思わなかった」であった。この一 言で、逆に自分も妻をはじめ家族を大切にしようとの想いがより高まった。そのおじいちゃんが亡くなった今教員になった息子が、そっと遺灰を持ち帰り毎朝拝んで出勤しているようだ。

*夫婦愛和が会社発展の第一:
夫婦が一対の反射鏡であることは間違いなく、神様が丁度よい夫婦として組み合わせてくれている。自分が素直でなかった頃、倫理で教わって妻の手を握ったら痛がった。会社のスーパーで朝から晩まで水仕事して、手にいっぱい「あかぎれ」つくっていたのに初めて気付いた。俺だけが頑張って働いていたと思っていたことのあさはかさを知り、妻を大切にするようになって会社も順調に発展してきた。妻だけでなく誰に対しても「ハイ!!」と素直に言えるようになって、まわりが自分の話を聞いてくれるようになり、協力者が増えてきた。


 次に同じく小泉スーパーバイザーの幹部研修「後始末の実践」が前日13日(月)にありましたので列記します。

*夢を見よう:
成功し有終の美を飾る場面を想い描き、「やったー」と言って喜ぶ姿を想像しよう。今年長野県倫理法人会が1500社を達成したが、その達成感が嬉しく、また来年1600社に挑戦することになった。

*まわりの物に名前をつけよう:
自分の車に「ジェス」という名前をつけ、車で出発する時には必ず「ジェス!これから松本まで行くぞ。よろしくな」と声をかけている。物にも生命があるのなら、名前をつけて呼んでやると喜んでよく働いてくれると思う。ある男がディズニーランドに勤めたが、トイレ掃除だけさせられて嫌になり、「やめたい」と上司に言ったところ、「アメリカの本部で研修があるから、そこに出てからやめたらよい」と言われ従った。研修ではトイレ部門の分科会があり、その中でとても嬉しそうにしている男性がいるので、「なんでトイレ掃除が楽しいの?」と聞いたら「便器全部に名前をつけ、いつも呼びかけて磨いているんだが、次第に愛着がわいてきてピカピカにしてあげるのが 楽しくてしようがない」との言葉が返ってきた。さっそく日本に帰って同じことをしたら、やめないばかりでなく出世してしまい、今部長にまでなっているとのことである。(ちなみに私は、私の車に「太郎」妻の車に「花子」とつけ、毎朝挨拶をし始めました。便器は「元気君」と「勇気さん」です。よいことはすぐやってみなくちゃ。おもしろ半分でもいいから

*せい病はエイズより恐い:
自分の努力やいたらなさを忘れて、なんでもすぐ人のせい、物のせいにするのは必ず人や物から反発を受け、成功の人生は歩めない。万人幸福の栞にあるように「反始慎終を忘れると悲惨な死に様をすることもある」ならば、人まかせにしないで自分で後始末をしっかりやる決心をすれば、よい死に方ができることになる。

*整理、整頓:
整理はいるものといらないものを区別すること。整頓はあった所にもどすことで、置く場所を決め、必ずそこにもどす習慣をつけるとよい。掃除のうまい人は仕事もよくできる。掃除は段取りが大切で、見えない所をきれいにすることが大切。癌は品物を山のようにため込む病と書くが、何でもため込もうとしないことが癌にならない秘訣かもしれませんね。           

感謝合掌 
posted at 2007/06/11 9:19:45
lastupdate at 2007/07/25 15:52:30
修正