敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.52 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.52) | さわんちゃ通信NO51-100 | カテゴリ内次記事(No.54) »»
2003/07/29
No.53
ようやく新潟県も梅雨明けになったようです。
 7月22日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは(株)吉久建設の吉田秀夫社長から「御商売繁盛工事」のテーマでお話をして頂きました。

*(株)吉久建設は、建設部門,不動産部門, I T を用いた建設関連部門の3つからなっているが、「お客様の素直な心を表現する」ことを会社の理念としている。

*毎朝の朝礼では「できる。できる。必ずできる。1%の疑いも持たずに、やれば必ずできる」というように「できる」という言葉を10回以上くり返して言うことをすすめている。

*ある時、平潟神社で地鎮祭をしてもらった時に気付き、「御商売繁盛工事」というネーミングを思いつき、友人から商標登録の手続きをしてもらった。

*商標登録には47項目の分野があり、登録すると、お菓子,銀行預金,酒などではかなり厳しく、権利も主張できるが、医療などの公共の福祉のために必要なものは除外されている。
 商標はわかって使ったら、前にさかのぼって補償させられるので、知らずにいると大変な損失を負うことにもなりかねない。

*「米百俵」の商標はお菓子やお酒に出ていたが、建設分野ではなかったので登録し、「米百俵工事」として公共的工事に使っているが、長岡市からも喜ばれているようだ。

*今、墓石に残す名を考えている。(これは将来までに残るものは何だろうかと考えた時に出た発想である)「じゃあね」とか「ありがとう」というのもあるが、脇に「吉田家とその仲間達」とか「よきことが久しくありますように」としたり、ユニークなことを考えている。

*いつも何かおもしろいことはないかなという目で見ていると、よい発想に結びつくことが多い。

*法律的にいうと、他人の土地でも知らないで使用していると10年で時効になり、知っていても20年で時効になる。お金でさえも1年間払わないでいると(催促しないと)時効になってしまう可能性がある。これは何を示しているかというと、「何も行動しないと権利を失うよ」「権利は自己責任で主張しないといけないよ」ということかと思う。憲法第3章でも「自由や権利は国民が普段の努力で保持せねばならぬ」というような形でうたわれている。同じ考えからすれば、 PTAでも言ってきたが、子供の状況をよくするためには、自分も普段の努力をしなければいけないことになる。

*早朝は4時過ぎから仕事をしていて、モーニングセミナーにはあまり出られないかもしれないが、普段の努力を忘れないために倫理法人会に入会した。
 最後に先回も書きましたが、丸山敏秋理事長の「小さなことから会社は変わる」はPHP出版という由緒ある出版社から出ており、倫理を知らない人におあげしてもきっと喜んでもらえる本です。長岡では東坂之上1−4−9(大手通十字路)の文進堂書店にありますが、澤あてFax で冊数を連絡下されば、直接お渡しするか、送料こちら持ちで1500円で発送致します。得することが沢山あると思います。


 長岡近辺でも、どういうわけか公共の仕事の受注が多いとか、支店を出せたとか、頼まれて新しい会社の経を任されるとかの、地道な発展(ほとんどが右肩下がりの中で、平行でいるだけでもすばらしいのに)をしている倫理経営者が増えてきています。(ちなみに、昨年度長岡税務署管内の高額納税者トップテンのうち、会社経営者の4人は倫理法人会関係の人でした)。それに伴って倫理の人脈を使って販売を行いたいという人も多くなってきていますが、これはバランス感覚をもって、自己の倫理観で対処して頂くしかありません。丸山敏秋先生の本のように「倫理経営をやれば必ず成功する」ということがわかる人が増えてきているのかもしれませが、これからはこちらから無理にすすめなくても「あの人が入っているならよい会だろう」とか「この不況の中になんで明るいの」と言ってむこうから近づいてくる人が増えるようにも思います。その時に一歩先を歩いていて「倫理の本質をはずさずにやってみましょう」とか「会社の経営も、まず家庭を大切にするとうまくいくみたい」と自らの失敗(?)も含めてお話できるようになりたいものです。     感謝合掌
posted at 2007/06/08 18:02:47
lastupdate at 2007/07/25 15:34:11
修正