敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.51 | main | No.53 »»
«« カテゴリ内前記事(No.51) | さわんちゃ通信NO51-100 | カテゴリ内次記事(No.53) »»
2003/07/22
No.52
 7月15日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは、開始時間が過ぎても講師の方がおいでになれず、澤が前座を務めさせて頂くことでスタートしましたが、そのまま終わりまでとなりましたので少し列記します。

*3年前の生涯局の指導員試験の時、「倫理をやって何が一番よかったですか」という宮崎芳宏局長の質問に、「前は心配症だったのが、何が起きてもあまり心配しなくなった気がします」と答えられた。今そこから少し進んで「何があっても(うまくいっても、いかなくても)自分の心の持ちようや実践につながっているようでおもしろい」と考えている。

*普及拡大の会社訪問なども、昔の内向的な自分では考えられないことだが、「断られることが当たり前」「人は変えられたくないのが当たり前」と考えると知らない所へもうかがえ、嫌な顔をされても「にこっ」として「そうですよね。立派な会社で、社長さんも社員さんもすばらしいので釈迦に説法みたいで、おやりにならなくても全く問題ないと思いますが、倫理的発想で経営や教育をやってみると、おもしろいことが沢山起きてきますね。私もずいぶん助かっています。ではまたまいります」と言ってサッと帰れるようになった。

*以前は社長にお話をうかがってから、よい会社か否かわかったが、最近は受付けだけでだいたいのことがわかるようになった。ほとんどの会社は「おはようございます」と部屋中の方に聞こえる程度の声を出して挨拶しても、全員チラッと見ただけで誰も返事をしないところが多いし、受付けさえあるのかどうかわからない。(どんな仕事も最初は知らない人から来るわけなんだけれど・・・)しかしこういう会社が多いと一面ありがたい。入ったら先に挨拶されたり、だれかが必ず玄関の方を向いて座っていて来客があるとサッと立って挨拶を返して下さるような、倫理経営をベースにした会社が必ず勝ち残れるわけだから。

*今「禁我心燃・一笑健命」というおかしなテーマで、法人局スーパーバイザーとして全国を月2〜4カ所まわらせて頂いているが、「わがままを減らして心を燃やそう。ひとつ笑うと命が健やかになりますよ」というような意味である。特に笑いは「ペコちゃんスマイル」をキーワードにして口角を少し上げると、「口輪筋という口の周囲の筋肉が強くなり、口が閉じて口呼吸から鼻呼吸しやすくなって、病気に対する免疫力がついたり、風邪を引きにくくなったりして、頭までよくなる上に、口元が引きしまって美男美女になる」と東大の教授まで言っている。さらには人に与える印象がよくなり、自分自身も優しい気持ちになり、多少嫌な事を言われても気にしないでいられるようである。

*人は、その人をほめる人50%,けなす人50%であると考えると楽である。沢山の人からほめられたら、1人でも2人でも厳しいことを言ってくれる人がいて、丁度つり合いがとれている。その大切な人は身近にいることが多い。

*パソコンが故障し、本社に送り見てもらったが、原因がわからないので寿命かもしれないと言われ、交換すると問題のない周辺機器まで代えねばならずウン十万円かかるとのことで、原因はわからないが何か余計なものがついているかもしれないとの話。そこでハッと気付き、周りの掃除をして不要なものを捨てる決心をし、スタッフにも「明日は一日掃除を徹底的にやろう」と言って再びつないだら直り、今完璧に動いている。

*平尾勝方面長の提案で、実験倫理で竹串を使って3カ月5人でトイレ掃除をしてきたが、そこで気付いたことの報告会の後、各自で別の実験を提案され行っている。自分の場合「自分宛に毎日よい事、うまくいった事をハガキに書いてほめなさい」という一見おかしな実験である。全一統体の原理や夫婦対鏡彼我一体などが正しい原理なら、人をほめることも実践だが、自分をほめたらどうなるかというわけである。不思議なことに、時間がないなかでも妻との会話が多くなり、わずかな事で不満に思うこともなく、毎日楽しく過ごしている。ただし、毎日50円切手を貼って出すことは、妻の提案を受け入れて、切手の代わりにペコちゃんマークを書いて自分用のポストに入れ、倹約をしているがいいのだろうか? 感謝合掌
posted at 2007/06/08 18:02:09
lastupdate at 2007/07/25 15:33:10
修正