敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.43 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.43) | さわんちゃ通信NO1-50 | カテゴリ内次記事(No.45) »»
2003/05/27
No.44
 5月20日(火)の長岡市倫理法人会MSでは、宮城県倫理法人会副事務長で法人レクチャラー、(株)志鴛の桜井忠男社長より「人に言う今の心」のテーマでお話をして頂きました。

・志鴛(しおん)とは、志をもっておしどりのごとく仲良く進んでいこうという意味である。

・「人に言う今の心」をそのまま漢字にすると「信念」となる。信念は今を大切にして有言実行していくことである。

・運を作っていく人と付き合おう。マイナス言葉やグチばかり言っている人は、運の悪いことが起きる。

・法は正義の味方ではなく「法を知る者」の味方であり、弁護士もお金をもらった人の味方をする。

・万人幸福の栞に基づいた経営理念をめざし「希望は心の太陽である」をとり入れた。自分のエネルギーが発揮できるような考え方をし、太陽に近づくような会社を作りたい。

・社員にも倫理法人会のセミナー以外は厳選をし、目的をもって出席してもらう。倫理法人会のセミナーは出るだけで得るところが多いので、先を予測しながら仮説をたて、手を打ち全部実証していくことが学べる。

・鉄人28号(人からコントロールされて動く)になるか、鉄腕アトム(自ら考え動く)になるか。

・倫理は深いりすると味があり、本気でやっている会社は必ず発展する。(ちなみに昨年度の長岡税務署管内での高額納税者のベスト10のうち会社経営者4人はいずれも倫理法人会の関係の方でした)

・スタッフ、社員には起きたことの因果関係をきちっと教える。少なくとも明日あるいは将来よくなることにつながる動きを今やっているか否かを自問自答してもらう。

・自分は弱い人間だから、戦う社長の集団(倫理法人会)に入って戦っている。交通事故で年間1万人亡くなった時に交通戦争だと言うなら、3万人の自殺者の1/3は経営者なのだから、経営も戦争である。

・いい芽は節目から出るので、自分で節目を決め発展の基礎づくりをした。(創業記念日や、何年目、何才など、節目を大切にして気合いを入れ直すことでしょうか)


 次に5月25日(日)に長岡で甲北信越矯正歯科学会を主催し、「顔の美と健康」のテーマで市民公開講座のシンポジウムを行った際の講演からの話をいくつか列記します。

 「口と歯が健康なら、動脈硬化にならない」    田村康二医学博士(内科医)
・口の働きは歳と共に消耗する。だから会話する。表情を豊かにする。噛む。味わうなどの日常生活の中で意識してより多く動かし、セルフケアをする必要がある。

・噛む意味は?食べ物を砕いて、飲み込み易くし、消化し易くする。食品中の危険物を発見する。味覚を刺激する。唾液分泌の促進。口の中や歯をきれいにする。口や歯の発育を促進する。精神集中やストレス発散。動脈硬化を防ぎ健康で長寿になる。

 「リハビリメイクの力」   かづきれいこ氏(フェイシャル セラピスト)
・リハビリメイクは従来の化粧と違い 1.崩れない 2.べたつかない 3.日焼けしないなどの特徴があり、患者さんが患部をメイクアップによって隠しているということで引け目を感じることなく、社会復帰しやすいようにするものである。

・これをいわゆる一般のお化粧法にも応用し、明るく元気になるメイクアップとして、わずか10分くらいで見違えるようになり、本人の心まで変えてしまう力を持っている。(倫理で言われる、まず形から入ってやってみると心がついてくることが多い事のの例でしょうか)

 「矯正治療における顔の美と健康」   晝間登喜男歯学博士(矯正歯科医)
・医療技術も進み、現在では年齢に関係なく成人で矯正歯科治療をされる方が増え、熟年でされる方も多く、より美しくなろうとすることは決して恥ずかしいことではないことが理解されてきた。


 いよいよ5月29日(木)17:30〜20:30リリックホールでの桜井章一氏講演会が近づいてまいりました。「強さ=温かさ」で経営で生き残るヒントがつかめると思います。大阪、名古屋、東京からも本物の人に会うため来られます。この機会をお見のがしなく!(Tel 37ー4720への申し込みで前売り2000円で入場出来ます。)   感謝合掌
posted at 2007/06/08 17:56:06
lastupdate at 2007/07/25 15:14:36
修正