敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.35 | main | No.36 »»
«« カテゴリ内前記事(No.35) | さわんちゃ通信NO1-50 | カテゴリ内次記事(No.36) »»
2003/03/22
No.36
 お彼岸になりました。冬の間、雪に埋もれていた御先祖のお墓もきれいになっていることと思います。まだお参りに行っておられない方は、ぜひこの機会においでになってみて下さい。

 長岡市倫理法人会の3月18日(火)のMSでは磯田会長の挨拶の後、会員スピーチとして2人の役員から話をして頂きました。
 磯田会長はカマキリやヘビとも会話ができるという(株)酒井無線の酒井與喜夫社長から「動物にイメージを伝えればよい」という話を聞いて実験をしているそうです。まず愛犬太郎を散歩に連れていく時、左右のどちらに曲がるか止まるかなどをイメージで伝えたところ、かなりの確率でその通りにするようになったとのことです。また5分間と時間を決めて、愛犬の目の高さに体を低くして、本気で遊んでやることを続けたところ、8年間飼ってきたけれど、これまでと全く違う反応をし喜んでくれているそうです。

 私達も忙しさにかまけて、周囲の人の話をじっくり聞いたり、心をむけたりするわずかな時間を惜しんでいるのが日常ですが、本気で相手と一体になって心をかよわせることの大切さを教わった気がします。
 さらに磯田会長は先日の倫理法人会の役員会で、会長職の大変なことを感じ、落ち込んでいると言ったら、会社の中でも同じことが起き、幹部社員が落ち込んで相談をしてきたそうで、トップの姿勢や気力がいかに大切かを感じたと話されました。ベーターとVHSのビデオ戦争を扱った「陽はまた登る」という映画にもあったように、組織を元気にするのは、たった一人の人間の夢みるような熱い想いであるかもしれません。トップはカラ元気でもよいから、明るくプラスの言葉を言い続けましょう。

 磯田会長は倫理をやると少し落ち込んでも立ち直るのが早いと話しておられます。この磯田会長のホットな実践と体験の会長挨拶を楽しみに、MSに出席して下さる方も多く、この1月度のMS出席会社数は全国約380倫理法人会中3位でした。ぜひ一度のぞきに来てみて下さい。
 次に遊座副事務長のスピーチを列記します。

・自分の会社の社員の車に追突したある若いお母さんからの手紙に「あなたの大切な時間を無駄に使わせてしまったことを、お詫び申し上げます」とあって「今どき時間に対する配慮のある人だから許してあげよう」という気になった。今、物やお金は大事にしても、相手の時間まで気にかける人は少ない。

・会社の事務室をなおした後、しばらくはずしておいた表彰状をきれいに掛けなおしたら、新規のお客様から電話がきて仕事が入った。これを倫理研究所の研究員に話をしたところ「会社の祖先につながることをしたからで、単なる偶然ではないでしょう」と、人の親・祖先だけでなく、物や会社も元につながることをすると、喜んでくれることを教えてもらった。

 星野副専任幹事のスピーチから。
・毎月のお給料は直接自らの手で社員さんに渡しているが、たまたまタイミングが合わなくて、友人でもあるパートの方に手渡しできなかったことが続いた時「正社員とパートを区別しているように感じるのでやめさせてほしい」と言われてしまった。自分ではまったく悪気はなく、よく気心の知っている人だからと思っていたが、身近な人ほど心を向けていないと思わぬことになってしまうことに気がついた。

・社員さんの中で、イライラして服装も乱れがちな女性がいて、調べてみると「子供は親の心を写す名優である」そのままに、家庭でも子供さんが親に八つ当たりをしていることがわかった。逆に言えば、家庭がしっかりしてこそ仕事にも専念できることになるようである。

・娘さんが優しくなってほしいと研究員に指導を受けたら、「奥さんの実家に一人で行って御飯を食べていらっしゃい」と言われた。さっそくその通りにして、この際奥さんの両親に「自分のところへお嫁によこしてもらって本当に嬉しい。ありがとうございました」とお礼を言って帰ったら、それを実家の両親から聞いた奥さんも喜び、いつのまにか娘さんが優しくなったとのことです。


 次週3月25日(火)のMSは不肖澤が「男の美学、女の美学」のテーマで話をさせて頂きます。
 3月18日(火)〜19日(水)に静岡県御殿場市にある富士高原研修所(いわゆる富士研)で新潟県古河市、沖縄県倫理法人会の合同プランニングセミナーが行われました。富士の麓での清々しい2日間は心と身のリフレッシュに最適です。次回6月4日(水)〜8日(木)にも行いますので、ぜひあけておいて参加してみて下さい。 感謝合掌
posted at 2007/06/08 17:45:10
lastupdate at 2007/07/25 15:00:29
修正