敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.25 | main | No.27 »»
«« カテゴリ内前記事(No.25) | さわんちゃ通信NO1-50 | カテゴリ内次記事(No.27) »»
2003/01/17
No.26
いつもお世話になりましてありがとうございます。
 1月13日(日・祝)の夜は長岡市倫理法人会の幹部研修があり、矢作(やはぎ)ヒデ副参事から「一貫の倫理」をテーマに講話をして頂きました。83才とのことですが、とてもお元気で声もよく通り、全国の法人会を講話してまわっておられます。

 なお、今年度より長岡市では、幹部研修を役員会とは別の日に行っていますので、朝には出席しにくい方や倫理の原則を本格的に学んでみたい方は、役員でなくても出席可能ですので、磯田会長か私か事務局へお声をかけて下されば幸いです。

 矢作先生は長い教職生活の後、倫理研究所の一般(生涯局)で、朝の集いの会場をお住まいの新宿区内に開設しようとした時、何人もの方から詳しい説明もしないうちに「あなたがやっておられるものなら間違いないでしょう」と言って下さり、すぐに30人の人が集まって分会場ができ、さらに大手出版社の新潮社や受験情報で有名な旺文社の社長さんまで入会して下さって、100人以上の実践部があっというまに設立できたとのことです。私達も仕事を含めて人に何かをすすめる時、自分の生き様や普段の生活の仕方までが反映してくる時代であることを、身をもって味わっています。その観点からすると、倫理の普及拡大も自分の発展途上の過程を示すようでおもしろいものがあります。そうなるとお願いしても入会して下さらない方を残念に思うなどとはとんでもないことで、倫理の本質をもう少し身につけて「いつかあなたのようになりたい」と言って入会して下さる人が一人でも現れて下さるように、一貫不怠で明るく自分自身の成長を楽しんでいく必要がありそうです。矢作先生はその後も83才の今日まで実践して、やり通して続けてみないと本当のことがわからず、終始一貫が成功の秘訣であるとの実感を深められたようです。

今あらゆる分野において、続けてみずに少しやっただけでわかったように諦めてしまうことがあまりにも多いと言われました。矢作先生は毎朝町内の清掃を続けていて、ある日普及に行ったら、社長さんとおぼしき人から「あなたでしたか、この辺を毎日掃除して下さっていたのは」と言って、内容も聞かずに入会して下さったという経験もあるそうです。

「続ける原動力」は「自分が決めたことで、自分に負けたくない」という気持ちが大きいが、「今日一日だけはやる」と考えるのも気が楽になり、かえって続けやすいようです。続けることで自信がつき、信念が固まり、結果として物事が成就する。丸山敏雄先生は「天才はもともといるのではない。努力する人だけが天才になれる。努力とは反復である」と言っておられます。さらに「失敗しても喜んでまた改めて取りかかる。そこに栄冠が輝く」とも言われます。三日坊主でもよいからやってみましょう。もし休んでもまた始めればよいだけの話です。一日一回くり返すことの大切さは、あらゆる所で実証されていますが、日常生活での挨拶や清掃の他、朝礼・終礼などもその中に入ると思われます。

 1月14日(火)の長岡市倫理法人会のMSも矢作先生から「ひとすじに生きる心〜 祖孫一心〜」のテーマでお話をして頂きましたので、いくつか列記してみます。

・親孝行は自分自身が純情に生まれ変わるために行う。

・一家が繁栄するための第一条件は夫婦愛和である。

・学校で元気のない子供によく聞いてみると、ほとんど両親の仲が悪いか、その日の朝夫婦喧嘩をしていたというようなことが多い。

・嫁が姑の欠点を責めると、そのまま自分もその欠点を引き受けてしまう。

・「心の豊かさこそ財産」と気付いたある社長は、入社試験の面接で「お母さんの足を洗って3日後に来て下さい」と言い、その報告を聞いて本当に実行した人を全員合格にしたとのこと。その会社は色々な人の恩を受けていることに気付く人の集団となり、発展を続けている。

・よき企業人はよき家庭人から。まず家庭を愛し、先祖を敬うことで誠の人となる。

 1月21日(火)は、朝6:00〜7:00グランドホテル2Fでの第1,000 回MSです。この日1度だけでものぞいてみると1,000 回分のパワーが得られそうです。 感謝合掌
posted at 2007/06/08 16:23:49
lastupdate at 2007/06/28 17:53:04
修正