敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 10   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« no data | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.196) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(no data) »»
2008/10/01
197
    親愛なる倫友の皆様へ さわんちゃ通信 No.197    
                『知らんふり』の使いわけ』

 見て見ぬふりをすることを「知らんふりをする」と言いますが、すべき時とすべきでない時の使い
わけは結構難しいように思います。
 自分の国の神社を参拝するなどという個人の信条の自由で知らんふりしてもよさそうなことまで、
茶坊主のように御注進とばかり外国へいち早く伝えていながら、日本が沢山の資金援助をして国際貢
献をしても全く知らんふりをして無関心のマスコミも多いようです。同じように困っている人がいて
も「かかわりたくない」とばかり急いで通り過ぎるのに、ささいな失敗に目クジラをたてて責めたて
る人も多くいます。
 この「知らんふり」の使い分けについて、特に、知らんふりをしたほうがよい時について考えてみ
たいと思います。@「ミスをした人があやまちに自ら気がついて反省している時」
 人は自分のことは棚に上げて批評や非難をすることはとても楽ですので、どんどんエスカレートし
て責めたててしまいがちですが、相手を萎縮させてしまうだけでなく時には「自分はどうなんですか。」とか「あなたに言われたくないですね」などと反撃されてしまいます。それよりも気づかないふりをしてそっとしておいてあげたり、必要なら黙って後始末をしておいてあげる人は誰れからも尊敬されることはまちがいありません。
 落ちこんでいる人にさらに追い打ちをかけて自己満足するよりは、他山の石として自らの反省材料
にすればこちらも得るところが多くなることと思います。
A「子供などが一人で努力をしている時」
年齢や状況によっても異なりますが、小さな子が走っていて転んでもケガがない場合、誰も見ていな
ければ一人で起きてまた走ろうとします。しかし、親がかけより「大変!」などと過度に世話をする
と、かえって泣き出したりします。一人でやれそうな時はむしろ「しらんぷり」をして、自立性を育
てることも時には必要だと思います。
 これは大人に対しても同じことで、「アルツハイマー症は退職病だ」と言う方もあるくらいに、自分からなにもしなくなり、世話を受けるだけになると、病気も起きやすいようです。本当に困っているか否かを見きわめ、多少「知らんふり」をして、できることをやってもらった方が、お互いに幸せになるのです。
B「相手が疲れている時や顔色の悪い時」
 これも程度によりますが、「顔色が悪いね」と言って、相手が元気になることはありません。親切のつもりでしょうが、余計なお世話になることが多いようです。それよりも「知らんふり」をして、そっと仕事のバックアップをしてあげるか、逆に「おっ、元気そうだね」と言ってあげる方がよほど励ましになります。
 また女性に対しては特に気をつけるべきですが、相手の体型が変った時など、本人が一番気にして
いるかもしれないのに、「変ったね」などと無神経に言って、さも自分がよいことを言ってあげたつもりの人が多くいます。それよりも「知らんふり」をするか、「少しも変わらず、若いね」くらい言えたら、親切で好感をもたれることはまちがいありません。      
                                       感謝合掌
posted at 2008/10/01 17:25:29
lastupdate at 2008/10/01 17:25:29
修正