敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.188 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.188) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(No.190) »»
2007/08/04
No.189
    『 不安にしますか、ファンにしますか?』
 人は好ましく思う人の話は良く聞き、その人のために働き、物も買うようです。「自分は別に好かれなくても、仕事はちゃんとやっているからいいではないか」とか「あいそ笑いまでして人づきあいをしなくてもいい」と言って、人間関係など本質ではないと考える人もいます。本当でしょうか。怒ってばかりいたり、ムッとした顔で仕事をしている人がいると、その回りの人は少なくとも気分は良くないし、楽しく仕事ができるはずはないので、結果的に職場全体に大きな迷惑をかけていることには気づかれません。 喜働などとも言い、仕事は喜んで働くと能率が上がり、疲れが少なく、当然売り上げまでよくなるようにできています。買い物でもニコニコしている人から買いたくなるのに、「買ってくれたら笑顔も見せ、礼も言ってあげる」では反対なのです。「おもしろくもないのに笑えるか」と言う人がいたら、少なくとも、人と関わる仕事から離れるか、口角を少し上げる『不二屋のペコちゃんスマイル(ベロは出さなくていいのです)』の練習をしてみてはいかがでしょう。その口元をしていると三つの効果があります。@間違いなく他人から嫌悪感はもたれません。ためしによその赤ちゃんにその口元をして見せると、オヤッという顔をし、時々こちらを向いてくれますが、逆に口元をへの字にして見つめると必ず泣きます。赤ちゃんは無表情の顔は不安になるのだそうです。A口角を上げる運動は口をとりまいている口輪筋の活性化運動につながり、筋力を高め、口呼吸を防ぐ力となります。「口呼吸を続けている人は、鼻呼吸出来る人より十年くらい寿命が短い」という東大病院の先生もおられます。鼻呼吸ができると免疫力が増し、病気にかかりにくくなり、心肺機能が増すのです。鼻に鼻毛があるのも、外からの病原菌や異物を防ぐ機能を発揮しているからです。B口角を上げていると、何か嫌な事を言われても、「ま、いいか」とか「それでどうしました」と心に余裕ができ、怒ったり、傷ついたりしにくくなります。逆に口をとがらせて聞いていると、「文句あるのか」などとかえって相手の怒りに火を注ぐ結果となります。「口をとがらす」とは「文句がある」とか「不満である」ことの代名詞にもなっております。
 「不安にするか、ファンにするか」は語呂合わせみたいですが、とても大切なことで、天地ほどの差があります。自分の心を暗くしてまで人の御機嫌をとる必要はないのですが、他人から不安に思われるより、ファンになってもらえたら、こんな楽なことはないはずです。そのための工夫も数限りなくあると思いますが、少しあげてみます。
@『全ての人に先手で挨拶をする』「なぜ挨拶を返さないのか」などと思いながら声をかけても、心が見え透いていて逆効果ですが、相手からよい返事が返ってくることを期待するのではなく、「自分が気持ちが良いから、元気になれるから挨拶をする」だけでよいと思います。だって挨拶をしないだけでも人に不安感を与えるのに、いつも先手で挨拶をする人には好感を持ってしまうことは自然の法則です。
A『否定語を使わない』映画などでテロの交渉人が出てきますが、絶対言ってはいけない禁句があるそうです。それは「ノー」で、「ここに飛行機を持って来い」と言われても、「わかりました。では飛行場を何処に造りましょう」と、あくまでも「ダメだ」と言わずにいないと、死を覚悟しきっている犯人は、人質をすぐ殺しかねないからだと思います。
 日常の会話でも、「いやそれは」とか「そうはいっても」などすぐ否定語で反応する人は一種のクセで、それが格好良いと錯覚していることが多いようですが、そういう方は自分からあまり役立つ意見を言わず、否定することで自己主張をしているにすぎないのです。当然その方の意見は人を不安にし、やる気を失わせますので、ファンになる人も少ないでしょう。
B『万象肯定』逆に全てをまず受け入れ、「なるほど」とか「そういう考えもありますね」と言ってから、「それならこういう考えはどうでしょう」と言えば、受け入れてもらう確率はかなり高くなります。
 まず相手の不安感を取り除いて、敵ではないことがわかれば、ファンになる道は近いのです。
                                                                                 感謝合掌
posted at 2007/08/04 9:15:11
lastupdate at 2007/09/26 11:51:33
修正