敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.179 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.179) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(No.182) »»
2007/02/05
No.178
みなさま こんにちは。長岡新聞に「成亊良寧博士の人づきあいの心理学」のテーマで連載をす
ることになりました。これまで「さわんちゃ通信」に書いたことも多いのですが、ご意見等うかがえたら幸いです。 

「人を元気にする」ためにがんばってみませんか。
 心の病いを持つ人が年々増え、年間三万人以上の方が自らの命を断っています。いじめの問題もなかなかなくなりません。そこで人の心理を少し研究し、元気になる工夫をしてみたいと思います。その中のひとつでもみなさまに参考になることがあれば嬉しいところです。
 実際に自分が元気になるために「がんばる」ことは大切ではありますが、「人を元気にするためにがんばる」ことってもっともっと楽しく、結構素敵です。人のためになることを私利私欲なく一所懸命やっていると、必ずまわりが評価してくれ、協力者も現れ、いつのまにか自分自身が元気になっていることに気づくことが多くあります。

 自分のことだけを見つめていてうまくいかない時、「がんばらねば」、「なんとかせねば」と思って、自らをふるい起こすことができる場合はよいのですが、そう簡単にいかないのが現実です。人間はわずかなきっかけで「うつ病」になってしまうことも多いのです。
 そんな時はどうしたら良いのでしょう。自分のまわりの人で、もっと落ち込んでいる人や困っている人をさがし、「何をしてあげたら喜んでいただけるか」を必死になって考え、聞き、工夫をしてみてはいかがでしょう。悩んでいる人に「今のあなたは充分立派ですよ」「そのままでいいよ」と言ってあげるのもいいでしょう。
 ただし「がんばれ」は相手や使い方を間違えると、「今のままではだめだよ」ともとられかねず、「これ以上がんばれないのに」と死への道を早めることにもなりかねません。精神科などでも禁句になっているようですから気をつけたいものです。「がんばっているね」「私もがんばる」というのはよいかもしれません。「人を元気にする」ためにはその人をよく見つめ、余計なお世話をするのではなく、何が本当に必要か判断をする知恵が必要です。言葉かけも、明るく前向きで肯定的な話し方が大切です。そして「あなたのおかげで元気になった」と言われた時、一番嬉しく元気になるのは私自身です。それが一番身近な人に対してできたら、この世から親子の断絶や離婚なども無くなってしまうかもしれません。

 もし「人を元気にする」ことがしにくい時は、ペットでも植物でもいいでしょう。あなたが世話をしてあげなければ、生きていけない物を元気にしてやることは、あなたにしかできない存在感のあることですから。
 ある方に「娘が東京で精神的に落ち込んでしまい、入院させたが一瞬たりとも目を離すとあぶない。どうしたらよいか」と相談を受けたことがありました。話を聞いてみると、家には寝たきりのおばあさんもいて、夫婦共稼ぎで「本当に大変」とのことでした。私は「思い切って娘さんを家につれて帰り、そのおばあさんのお世話を全てまかせてみてはいかがですか」と言いました。数ヶ月後「どうですか(長岡弁ではなじらね)」とお聞きしたら、「娘もばあさんも元気です」とのこと。おばあさんはかわいい孫娘が毎日介護してくれてとても幸せ、娘さんも自分がいるだけで喜んでくれるおばあさんを見ているうちに、いつのまにか元気になってしまったようです。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 15:18:20
lastupdate at 2007/07/26 14:39:44
修正