敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.168 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.168) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(No.169) »»
2006/07/21
No.167
「大将の器」
 みなさま こんにちは。少しさかのぼりますが、6月21日(水)の柏崎準倫理法人会のモーニングセミナーでは、(社)倫理研究所法人局の中西浩局長より上記のテーマで講話がありました。

*底の浅い人、深い人:
 言葉を投げかけるとスッと返ってくる人は、反応があって気持ちは良いが、案外底が浅い人が多い。逆に、すぐ反応の返ってこない人に会うと、その度量の深さを感じることがある。ものごとを表面だけで捉えるのではなく、実践に基づいた自分の言葉で反応できるようになりたいものである。

*大きな発動は大きな受容から:
 西郷隆盛は大きく叩くと大きく響き、小さく叩くと小さく響く男であった。相手によって、あるいは叩きようによってどんな音色にもなった器の大きな男であった。大きく響くためには、まず全てを大きく受け入れることから始まる。自分の経験していないことでは、納得できないので文句ばかり言う人は、自分の器や経験が小さいことを露呈しているにすぎない。頼まれ事や役も、自分に出来ない話は来ないし、山より大きな猪は出ないのだから、来た話はご縁があったと思ってのってみるべきである。これを過去の自分の小さな経験で判断していたら、自ら伸びるチャンスを潰していることになる。

*包容力:
 人は、相手の三倍以上の力がないとゆとりを持って話が聞けず、包めない。夫婦がギクシャクするのは1:1だからである。自分が上だとうぬぼれてしまうことは良くないが、自分に欠けているもの、不得手なものを妻は持っている。
 人が最終的に「マイッタ」と思うのは、全てを包んでくれる人に対してである。真に包容力のある人とは、「自分に都合の悪いことも全て矢面に立って受け止められる人」である。「家の中や会社で起きたことは全て自分の責任だとし、自分を改めるチャンスという受け止め方の出来る人」である。また、包容力は異質なものを受け入れたときに幅が広がるので、先入観や過去の経験にいつでもとらわれていてはいけない。

*基本の大切さ:
 ある陶芸展で、天皇、皇后両陛下が立ち止まり、うなずき合ってお買い求めになられた作品があった。向こうが欲しいか否かわからない物をおあげする献上は易しいが、お買い上げはそう多いことではない。その陶芸家の井上氏は、湯のみだけでも一万個以上ロクロを引いて作り、「基本が身に付いていない人は、いずれ崩れていく。一番面白くない湯のみが出来るようになれば、他の物も出来る。」と言って、シンプルな物を大切にしているが、人の話もジッとよく聴く人でもある。人間関係の基本は「聴く」こととも言えよう。

*大将の器:
 根底に豊かな愛情や人間性がないと、大きな人物にはなりえない。厳しく注意することは必要だが、最後は社長が責任を取る覚悟を持っていなければならない。器が大きくなると、見かけや人の思惑にとらわれない行動ができ、仕事ができる。そのためには「何があってもこれだけはやり続ける」というものを持つべきである。      


感謝合掌
posted at 2007/06/13 15:10:05
lastupdate at 2007/07/26 14:21:10
修正