敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.163 | main | no data »»
«« カテゴリ内前記事(No.163) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(No.166) »»
2006/05/01
No.162
 「実践で完結する倫理」
 みなさま こんにちは。5月31日(水)の旧山古志村視察ツアーと櫻井よし子さん講演会に、お申し込み下さいましてありがとうございます。ツアーには旧山古志村村長の長島恵美衆議院議員も参加予定です。
ツアーの方はあとわずかになりましたが、講演会は1500名のうち500名はまだ大丈夫ですので、お声かけていただいてFax(0258-36-5779)でお申し込み下されば幸いです。
 4月25日(火)の長岡市倫理法人会モーニングセミナーでは、潟Gル代表取締役の横田保法人スーパーバイザーより上記のテーマで講話をしていただきました。

*2005年6月4日朝、病床で手を合わせて「思ったとおりのよい人生だったわ。ありがとう。」と言って亡くなった妻が生前に認めた10の実践:

@挨拶の実践:
倫理を知る前には「夫婦は一対の乱射鏡」で挨拶もチグハグであったが、まず夫婦で、そして職場である美容院の中で全ての人に心をこめて挨拶をするようになって、全く変り、家庭も会社もさらに明るくなって協力が得られるようになり、毎年1店舗ずつ新設させてもらっている。タイマーのブザーやチャイムにも「ハイ」と返事をし、挨拶も出来るだけ周りの人にも意識して行なう。朝礼時のラジオ体操も声を出して行ない、発声の練習としてもらっている。活力は目に出、生活は顔に出、経
験は声に出る。自信の無い人は声も小さくなる。

A感謝の生活の実践:
病気になって出来なくなってから気づくのではなく、日々あたりまえに出来ることを喜ぶ。食事も-つ一つ美味しいことを伝えながら食べる。

B家族の絆を深める実践:
奥さんの写真を持つ。「写真など持てるか」と言う人ほど「俺が食わしている」と傲慢な考えから抜け切れない。

C明朗の実践:
微差、僅差の積み重ねが大差となるので、どんな時にも明るく行なう努力をする。会社を新設する際も、次期店長候補は明朗の人から選ぶ。しかし明朗が良いことが分かっていても、どうしても明るく出来ないスタッフもいるので、11店舗のうちそういう人だけを本店に集めてみたら、意外に繁盛した。それは、お客様の中にもあまり声かけを喜ばず、そっとしておいて欲しいという人も結構おられ、暗い人でも美容院には行くわけであるから、そういう人が多く来て下さった。なお、日々の明朗
の実践の中では「夜、朗らかに休む」ことが大切である。今日の仕事をやり切って、何の心配も無く休むことが、明日の明朗につながる。

D愛和の実践:
贈って楽しく、もらって嬉しい熱血拍手を、自分はもちろんスタッフにもしてもらう。
両手は出来るだけ目の高さまで上げ、8回以上本気で拍手する。握手も心をこめ、相手が少しきつく感じるくらいにする。義理や体裁でする握手は何の意味も無い。仕事にも愛和の付加価値を付けると喜ぱれ、物も売れる。

E喜働の実践:
今、潟Gルでは新卒だけしか雇わず、純粋培養で社員教育をしている。熱血拍手などをさせると、他所から来た人は他が嫌で来たのにもかかわらず、「前の店の方が良い」と言ったり、こちらの粗探しをする事が多い。その根底には、仕事もそこそこ出来るので、「今さら」という心が先に立ってしまう。「今から」の気持ちで、自分をレベルアップしていってもらいたい。

F約束を守る:
社長も社員に対して約束を守る。その代わりに職親である自分に対しては、絶対服従してもらう。潟Gルの美容院で身につけたことは、将来必ず役立つからである。

G早寝早起きの実践:直観力を養うには最良の方法であり、健康にもつながる。迷った時にも、どちらが美しい行動かが分かり、実践が正しく出来る。

Hハイの実践:
「ハイ」の練習は朝礼の中でも大きな要素を占め、基本中の基本である。「ハイ」の声が出せるようになると、間違いなく明るくなる。この声の調子で体調が分かり、悩みの有無が分かる。

Iお仏壇への実践:
日々お参りするだけでなく、亡くなっていても「父に聞け、母に問え」、お墓に向って声に出してお礼と決意を言おう。神社やお寺へのお責銭も、「程を越す」くらいに小銭ではなく1000円を出している。


感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:53:01
lastupdate at 2007/07/26 14:15:23
修正