敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.160 | main | No.163 »»
«« カテゴリ内前記事(No.160) | さわんちゃ通信NO151-200 | カテゴリ内次記事(No.163) »»
2006/05/23
No.164
@「企業繁栄は家庭から」 
A「ストリートチルドレン」

 みなさま こんにちは。5月9日(火)の長岡市倫理法人会MSでは、倫理研究所法人局の玉田勝彦方面長より@のテーマでお話ししていただきました。

*強い組織や会社:「この組織や会社を自分が担っている」という意識を持っている人が多いほど強い。倫理法人会の普及拡大も同じで、「誰かがやるだろう」と思っている人が多いほど低迷している。「全て自分がやるしかない」と思ってやっている人に体験が出て、会社が良くなり、幸せになることは間違いない。

*結果の平等主義:自由平等が良いことと叫ばれて以来、結果が平等になるようにばかり考えていると、途中での努力が報われなくなり、個々の才能が伸ばせなくなる。

*現代社会の大きな問題2つ:
1.末端の堕落:JR福知山線の事故や欠陥マンションなど、儲ける仕組みをいくら考えてもそれを運用する人達の中に心や倫理性が無ければ、些細なことから大事故につながったり、会社も倒産させる程の結果になる。
2.家の崩壊:いわゆる「おやじ」のように恐い存在の人がいなくなったことで、家庭は乱れ、子供のしつけも出来ない時代になっている。家の問題が解決すると、大半の事が解決していく。

*城は内より崩れる:会社を倒産させた経験のある経営者の集まりである「八起会」での調査によると、6位に家庭不和と夫婦の対話不足があげられており、お互いに理解していると思っている錯覚が根底にある。また、倒産しても再起した人はほとんど家族の支えのあった人である。夫婦でいる意味をじっくり考えてみたい。

*長所と短所は裏表:自分の心の据え所で異なる。兵庫県の篠原氏は奥さんのために次の実践を続けている。?1日1回妻を褒める。?他の女性は褒めない。ただし、7才以下と70才以上は別。?風呂に入ったら妻の体を洗ってやる。?出張したら必ず妻にお土産を買って帰る。?妻が出かけるときは、おこずかいをあげる。

*夫の実践:
家の事は妻に一任しまかせきる。妻を喜ばすために何をしたら嬉しいと思ってもらえるか聞いて行う。妻の心中をよく聴く。特に忙しいとき程よく聴く。


次に5月16日(火)の長岡市倫理法人会MSではAのテーマでそやま接骨院の楚山恭男院長にお話ししていただきました。

*青年海外協力隊員:
28年前、柔道の指導で4年間ケニアに行っていたが、誰かの役に立つことの意義を実感しつつも、日々の生活と診療に明け暮れていた。兄がフィリピンにやはり青年協力隊員で行っていた縁でマニラの現状である貧富の差を知り、何とかしなければとの思いを強くした。

*ストリートチルドレン:
マニラに26万人もいるストリートチルドレンをボランティアで必死に支えている「あいはらようこさん」という29才の女性の活躍を見て、少しでもお役に立てたらと昨年3回マニラに行った。子供達が朝からシンナーを吸い、希望の無い生活をしているが、直接お金をあげるのではなく地道に更生していくことを願っての支援で「国境のない子供達」というNGOの献身的な努力である。今、日本は恵まれているが、世界には本当に大変な生活をせざるをえない子供達のいることをわかってほしい。         感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:52:16
lastupdate at 2007/07/26 14:10:05
修正