敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.14 | main | No.16 »»
«« カテゴリ内前記事(No.14) | さわんちゃ通信NO1-50 | カテゴリ内次記事(No.16) »»
2002/10/26
No.15
 10月21日(月)の長岡市倫理法人会経営者の集いでは「種蒔きと収穫」のテーマで、22日(火)のモーニングセミナーでは「倫理に学ぶ経営」のテーマで、大阪府倫理法人会会長で法人経営インストラクターである(株)河幸海苔店の山路卓司社長から講演をして頂きました。

 信頼していた社員の使い込みで大きな損失を負い、指導を受けたら「その社員さんに感謝していますか。」と言われ「とんでもない。感謝どころか、ぶんなぐってやりたいくらいだ。」と思っていたが、もしその社員さんが「この会社に入って本当によかった。」と思っていたら、使い込みもしなかったということに気づかされたそうです。外を向いていくら努力をしてみても、内で一番力になって支えてくれる社員さんに感謝し、共に向上しなければと、丁度誘いのあった倫理法人会に入会して学び、社員教育にも力を注ぐようになったとのことです。
このことがきっかけで、帳簿を一人の人に任せっきりにしていた点も反省し、自らだけでなく社員全員が簿記3級以上を取得するようにしたり、仕事より先に人としてせねばならぬことを中心にすえ、清掃の実践や親孝行月間の設定の他に、職場の教養を使った朝礼にも重点が置けるようになったといいます。「災い転じて福となす。」でしょうか。

良いことは押しつけてでもやらせることに徹し、親孝行の感想文を出さない人は辞表を出して欲しいとまで言えるようになったそうです。自らも、先代社長である父親の亡くなる前に、父のことを綴った本を作り喜んでもらい、その本を読んだ娘さんが「おじいちゃんってこんなことをした人だったの、感動したわ。」と言ってくれたとのことです。種蒔きをしてもすぐには収穫出来ないが、いつか必ず芽が出るので、これからも良い種を蒔き続けたいと、決意を述べられました。さらに、この種を蒔いたらこうゆう結果になると思ってやった時の結果が良くないのは確かで、無心でやった時に思わぬ良い結果が出ることがおもしろいそうです。また、新しいアイスキャンディーの仕事に手を出して、うまくいかなかった時にも「本来の仕事に軸足を置いて、半歩くらいの新展開をめざす。」ことの大切さを学び、海苔販売の本業をベースにおにぎり屋をドイツにオープンし、日本食ブームの続いているヨーロッパでさらなる展開をめざしているとのことです。

 次に倫理法人会の話ではないのですが、真向法全国大会での(医)斉藤記念病院理事長斉藤隆景医学博士のおもしろいお話を聞く機会がありましたので列記します。

・筋肉に支える力をつけ、脊椎を正しくし、からだを柔らかくするために真向法体操はとても良いが、普段でも2時間ごと位に背柱を伸ばすと良い。
・元気な年寄りはよく食べ、たんぱく質を多くとる。(脳はたんぱく質でできている)
・1日に5種類の野菜か果物をとると癌の発生はかなり防げる。ただし、果物は午前中にとると良い。特にバナナは消化も良く、心臓や血管に良いカリウムを含んでいる。
・食事はゆっくりとよく噛んで、水分も少なめにしてゆっくり飲む。なぜなら胃液は噛むという動作で消化液が出るので、年をとると胃液の分泌が少なくなりがちだからである。(歯科的に言えば、ゆっくり噛むと唾液が沢山出て、消化だけでなく抗癌制剤にもなるパロチンという酵素が出るのです)
・昔から体に良いと言われている食物(ゴマ、にんにく、玉葱、etc.)には胃ガンの予防効果がある。
・ボケやすい職種としては銀行員や学校の先生があり、ワンパターンの生活をしていた人が、やめた時危険である。
・碁、将棋、麻雀、書道、絵画、俳句、短歌などはボケ防止に良いが、ゴルフなどはあまり関係ない。メモをとる癖も良い。メモを見て思い出すと脳の訓練になる。
・散歩は非常に良いが、早朝など全くの空腹時には行わない方が良い。(クッキーかバナナなどを少し食べてから出ると、狭心症などが防げる)
・1日1回バカ顔をすると良い。(全ての筋肉、緊張を解放する時間帯を設ける)
・新潟県は全国で一番高齢者の自殺が多い。それを防ぐためには「目的のある人生を送る」ことが良い。それはある種の使命感を感じながら生きることや、必要とされる人生を送ることである。
・自分のために人生を生きるためにも、年をとったら多少の遠慮をしないことや、気兼ねをしないことも大切。
・てっとり早く幸せになる方法は、アラキドン酸の多い食物(たとえば牛肉)を食べること。心の面では「自分がいまここにいるのは、いろんな人のおかげ」と考え、特に具体的な人を想い浮かべ感謝すること。

 10月29日(火)の長岡市MSは近藤産業(株)の近藤道弥社長より「世相放談」のテーマで講話が予定されております。 感謝合掌
posted at 2007/06/08 9:54:05
lastupdate at 2007/06/28 17:12:28
修正