敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.138 | main | No.143 »»
«« カテゴリ内前記事(No.138) | さわんちゃ通信NO101-150 | カテゴリ内次記事(No.143) »»
2005/09/20
No.144
敬愛する倫友の皆
@『山本五十六、誠・慈愛そして苦悩』
A『金銭と倫理』
B『睡眠時無呼吸症候群』

みなさま こんにちは。9月15日(木)の長岡西倫理法人会モーニングセミナーでは@のテーマで長岡郷土史研究会会員の村上律子様からお話をしていただきました。

*少年時代そんなに優秀でもなかった山本五十六がなぜ勉強するようになったか:
 中学生の時、優秀で医学の道を目指していた8才年上の甥が結核で死亡した際、父には「五十六と代ってくれたら良かったのに」と言われ、母には「死んでほしくない人が死に、どうでもよい人が残る」とつぶやかれ、高野家に無くてはならぬ人物になろうと決心し、勉強し始めた。その結果海軍兵学校に2番で入学できた。(当時身長はビリから2番目であった。)後に32才で長岡藩の家老を勤め た由緒ある山本家を再興すべく養子となり、34才で会津藩士の娘と結婚した。

*やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ:
 山本五十六の人をつかう真髄とも言えるが、最初「人」は「兵」であった。
*男の修行:苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これをじっとこらえてゆくのが男の修行である。

*山本五十六の素顔:お茶目で寂しがりやであり、孤独を知る(人の心の痛みを知る)人であった。
 界情勢をよく知り、日独伊の三国同盟には絶対反対をし、最後まで開戦には反対であったが、若い時からの常在戦場(長岡藩の家訓)の精神は受け継いでいた。


 次に9月16日(金)には長岡南倫理法入会のモーニングセミナーにおいてAのテーマで松本和子参
事から講話をしていただきました。
*貸したお金を返してもらえない時:陰でその人の悪口を言っていることはないか。自分も別なことで約束を破っていないか。夫婦の仲が悪くないか。主人あるいは妻に合わせる努力をしているか。全ての決め事を命がけで守っているか。男らしく堂々としているか。女らしく潤いの心でいるか。などで思い当たる事があれば、実践すると良い。

*体に現れる金銭の倫理:
・顔や体に出る白い色素斑(へそくりをしたり、隠し事をしていないか)
・円形脱毛症(お金の心配ばかりしている人に出来やすい)

*「金庫が空」は健康な状態:有効に使われている証拠。ため込むより生かして使う方法を考え、お金がまわるようにする。収入の波があるのは良い事で、どんな時にも心を乱さないでいると必要な時に与えられる(要物必与)。入る時に喜ぶなら、出る時にも喜ぶことが大切。生かして使うためにはお金は妥協なく集金せよ。それは相手のためにも必要である。

 最後に新潟県歯科医師会セミナーよりBのテーマによる健康で長生きのための情報をひとつ。
*睡眠時無呼吸症候群(SAS):睡眠7時間中に10秒以上の呼吸停止状態が30回以上ある人で日本人の約200万人に認められ、その予備軍でもある口呼吸による上気道症候群は1400万人と言われている。SASは大イビキを伴い、突然死や過労死、さらには居眠り運転、ミスなどによる事故に至ることもあり、注目されている。比較的、下アゴが小さく肥満の人に多い。

*イビキ:特に健康を損なうような呼吸障害には至ってない「単純性イビキ症」と、健康を損ない周囲に迷惑をかける「慢性イビキ症」とに区別される。睡眠中開口して口呼吸を行っているので、口の中の乾燥、口臭、歯肉の腫れ、いわゆる歯槽膿漏の原因となることが多い。

*予防法と治療法:口を閉じる練習や舌の訓練(筋機能療法)をする。ストレスを溜め込まない。鼻呼吸をしやすくするテーブ(ブリーズライトなど)を小鼻の脇に貼る。歯ならぴを治して口を閉じやすくする。マウスピース(スリープスプリント)を歯科で作ってもらう。耳鼻科での手術などがある。
  (ご心配な方は渾までTELを)

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:38:56
lastupdate at 2007/07/26 13:16:55
修正