敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.141 | main | No.139 »»
«« カテゴリ内前記事(No.141) | さわんちゃ通信NO101-150 | カテゴリ内次記事(No.139) »»
2005/08/26
No.140
『古寺めぐり』『間髪入れずに』
 みなさまこんにちは。残暑お見舞い申し上げます。8月16日(火)の長岡市倫理法入会のモーニングセミナーでは、新潟県倫理法人会と長岡西倫理法入会の相談役で近藤産業(株)代表取締役の近藤道弥様から「古寺めぐり」のテーマでお話をして頂きました。

*自分の大事な時間を人のために使おう:倫理法入会に入っている人は誰一人暇な人はいないが、利他の心で人のために何かをしようという人が多い。名誉欲や権力志向でなくお金以Lに大切な時間をさいて人に倫理を普及したり、喜ぶことを考えることはすばらしい徳積みになる。倫理の役職を受けるのは時間も使いたいへんだが、ふっきると楽になり、後で必ず御利益がある。倫理のごほうびは思わぬところで思わぬことが起きるのでおもしろい。

*人の心をどうやってなごませるか:古いものの中に人の心をなごませるものが沢山あるのに、多くの人は気づかない。縄文の文化は世界のトップであるが、なぜ日本はそれを活用しないのか。特に長岡の火炎式土器は世界的資産であり、命がけで生きていた時代にも心の安らぎを与える文化を工夫していたことは誇りに思ってよい。古いお寺などにも大きな価値がある。

*人の評価:人は他人のやっていることを否定すると、さも自分が偉くなって浮かぶような気のしている人が多いが、逆に軽蔑される結果になることが多い。自分の考えにない発想をする人を評価し、取り入れてこそ器が大きくなる。


次に8月19目(金)の長岡南極理法入会のモーニングセミナーでは「間髪入れずに」のテーマで渾が話をさせていただきました。

*打てば響くさわやかな挨拶と返事:朝礼におけるハイの返事は、真剣勝負でやってほしいと言っている。手をのばして示す時も、誰に向っているのかわからないようでは困る。「あなたに」と言って気迫が伝わる時、間髪入れずによい返事ができる。当医院に来る患者さんにも、できるだけまず名前を呼んで「OOさんおはようございます」と挨拶をすることで、普段挨拶をしない子でも小さな挨拶が返って来て、いつかさわやかな大きな挨拶と返事に変っていくことを信じている。当医院の診療時間中に一番多く飛び交う言葉は「ハイ」であり、私が一番多く発していると思う。「え〜?」「何?」などと言う声を間いて喜ぶ患者さんはまずいないと思われるからである。ただし同じ「ハイ」でも間こえないほどの声や、間のびした「ハ〜イ」や怒ったような調子でも困り、「ハイ」の次に小さな「ッ」がつく感じや、「喜んで」とか「何でしょう」と呼応していく気持ちがこもると、さわやかで好感をもたれる。

*ものさしくまなざし<心ざし:他人を自分のものさして測って非難しているうちは相手にも好かれないし、自分の心もおだやかでない。バカなと思う前にまずまなざしで受けとめることができれば、お互いに理解の土俵に乗ったことになる。次に心を向けて「何を言おうとしているのか」「何をしたら喜んでもらえるか」などと考えていくことで、人間関係はさらによくなる。当医院でもこの流れを大切にし、できるだけこちらの都合で考えたり、押しつけたりはせず、最後の選択権は自分にあることを理解してもらい、「歯は素直だからあなたの努力に反応するだけです。あなたが歯を大切にした分だけ、歯も-生あなたを支えてくれます」と言っている。

*心の迷いを少なくする方法:人間は一日に2000回以上迷う動物であるが、できるだけその迷いを少なくするためには第一感を大切にし、即行を続けることがよいようである。失敗したり、困ったことが起きた時には迷い続けて落ち込むよりは、「あっこれで今までの分のつぐないが終り、またOから出発できる」と考えるのもよい。これを私はFチャラの理論」と名づけ、「これで失敗もチャラ。
 さあ今度はよいことが起きるぞ」と自分に言い聞かせている。

*元気になる方法:落ち込んでいる人には「がんばれよ」から「今でもいいんじやない」の方がやる気が起きてくる。あなたがいることだけで喜んでくれる人がいたら、その人のために生きましょう。一人でも喜ばすことができたら、あなたは十分に生きる価値があります。


感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:31:49
lastupdate at 2007/07/26 13:09:05
修正