敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.134 | main | No.140 »»
«« カテゴリ内前記事(No.134) | さわんちゃ通信NO101-150 | カテゴリ内次記事(No.140) »»
2005/08/31
No.141
『三年間ありがとうございました』
 みなさまこんにちは。長岡市倫理法入会も私渾の後を引き受けて下さった磯田サヨ会長((有)サヨ美容室代表取締役)が3年たち、9月から遊座正文現副会長にバトンタッチすることになりました。会長としての最後のお話が8月23日(火)のモーニングセミナーにて上記のテーマで行われました。
 磯田会長は「正しさよりも明るさ」をモットーに、多くの人に慕われて人脈をつくり、普及活動も全国でトップクラスです。9月からは新潟県倫理法入会の副会長として、内田力会長((株)コロナ代表取締役)を助けて、さらに新潟県をよくして下さるものと恩います。

*みこしは軽くてパーがよい(渾が7年前に言った言葉):「みこしが重すぎるとかつぐ人が苦労し、あまりなんでもできると、まわりが無気力になり反感をかうことさえある」という意味であるが、会長になって、役員の人材を生かし和をもってやっていこうと決心したら、気が楽になった。本当にみんなのおかげで長岡市も1 4 5社になり、県の1532社に貢献できた。

*美しき妻の生き方:会長を引き受ける際に一番気になったことは、公務員の主人に迷惑をかけないかということであった。そこで倫理研究所の「美しき妻の生き方」という本を二度読み、針と糸のように女性は男性に合わせて、針が動きやすいようにしてあげることが役目と知り、夫の声は天の声と受け主人を第-に考え、会のことも多くの人の力を借り、自分は補佐していこうと考えてやってきた。
 雑草の生き方にも通じ、どんな環境にも順応していく生き方かもしれない。

*徳川家康の生き方:徳川家康全集を3〜4回読んだが、家康が秀志に「自分がどんな人になるかが大切で、そのためにも人格を磨くことを怠ってはならない」と話す場面が忘れられない。まさに倫理はその人格を磨くに最適の場である。

*人はどう考え、どう行動するかを見きわめ、その考えを生かす:開店して間もない美容院でまだ軌道に乗らず、お客様もついていない時、10日間休んでヨーロッパヘ行きたいと言ったスタッフがいた。初めは驚いたが、そのスタッフの性格をみると、やりたい恩ったら何かあってもやるタイプで、逆に本気になって仕事もやりとげる性格と判断したので、自由にさせたら帰ってきてから本当によく仕事をし、お店を発展させてくれている。

*ひとつのことに全力をつくす:ひとつのことに集中してやり、終えると丁度よく時間をおいて次のやるべきことが現れる感じがする。この5月、6月と毎日のように普及拡大に出歩いていたが、その時は他のことを考えずにやっていると、必要な時に気づきがあり、即行即止ができる。普及活動の際にこれまでで最大の売り上げがあった。 10.23中越大震災で被災したお店を一店閉じることにしたが、勇気をもってすばやく決断することができた。本当はお店を増やすより、撤退する方が難しい。

*利益配分の仕方:(有)サヨ美容室5店舗は収入も支出も全部だれにもわかり、どのお店の売り上げがよいか、経費がかかっているかもわかるので、リーダー会議では各々が検討してよい方法を提案してくれるため、自分が悪者になってガミガミ言う必要がない。それも定額のボーナスをやめ、利益配分にし利益が出たお店のスタッフだけボーナスがでる仕組みにした結果と恩う。

*愛和:お酒を飲む機会はつくれないとしても、会う回数や食事をする回数を増やすことで人と和することはでき、スタッフともつながりが保てる。普及活動も同じで、訪問する回数が多い程心をこちらに向けてくださる確率が高い。

*売り上げはでなくても、生きがいのある仕事をしたい:以前お店を立ち上げた時しばらく利益が出ないことがあり、税理士さんに注意をされたことがあった。その際母が「売り上げは少なくても、生きがいのある仕事をしたのだから無駄ではなかった」と弁護してくれ落ち込むことが防げた。

*倫理は中途半端ではもったいない:栞の17ヵ条は全て法則であり、どっぷりつかってやらないとわからない。24年前生涯局の会員となり、その後備理法入会に入会して以来、仕事や人間関係で多くの苦難を乗り越えてこれたのも、倫理のおかげとしか言いようがない。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:31:19
lastupdate at 2007/07/26 13:07:35
修正