敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.131 | main | No.136 »»
«« カテゴリ内前記事(No.131) | さわんちゃ通信NO101-150 | カテゴリ内次記事(No.136) »»
2005/07/22
No.137
『花と緑に生かされて』と『活力朝礼』
 みなさまこんにちは。7月15日(金)には長岡南倫理法人会モーニングセミナーで、長岡巾緑化推進指導員で(財)新潟県都市緑化センター評議員の小林正夫先生より「花と緑にいかされて」のテーマでお話をして頂きました。

*「ねら がんばろうて」(みなさんがんばりましょう):脳硬塞をやった人達の集まりに出たら、上の標語を張り出してみなさんが明るいのです。人生こうでなければならないと実感しました。病気になった人も、手袋をせず素手で土や花の感触を楽しんでもらうと、元気になるようです。

*「いただく」という言葉:いつも「いただく」という気持ちでいると、有形無形のものを色々な人から学ぶことができます。

*こころ根:子供達に花の根を見せて、普段見えないところが伸びていることの大切さを教え、こころ根がよいと立派な人になると教えています。最近は心が乱れている人が多く、見える物だけを大事にしている弊害が出ているように思えます。

*友達の顔を見なさい:友達は顔をよく見ていると何をしてほしいかがわかり、仲良くなれます。友達がのどか乾いた時に水をあげたら喜ばれるように、花もよく見ているとどうしてほしいかがわかります。これが本当に育てることになるのです。

*花は足音で育つ:花は「育てる」のではなく、び、ながめ、心を通わせることで育っていき、
*花の五徳:

こちらが「生かされている」のだから、何回も足を運こちらも元気をいただきます。

 1.歓迎性(花は大をもてなし歓迎する心の表現ができるので、玄関に飾るとよい)
 2.安全性(無害で心を安める)
 3.親近性(花を間にすると友達がすぐできる)
 4.文化性(花を愛することは精神文化が高くなくてはできない)
 5.健康性(土に触れると健康になり、美しい花を見ると明るくなる)


次に7月19日(火)の長岡市倫理法入会のモーニングセミナーでは「活力朝礼」のテーマで、(社)
倫理研究所法大局川又寿久関東甲信越方面長からお話をして頂きました。
*社員が朝礼を嫌う理由:
1.「朝から社長の説教は聞きたくない」という社員の多い会社は、一方通行のことが多い。この場合は朝礼のしくみを考えるとよい。できるだけ多くの大がリーダーとなり全員参加の形をつくり、何らかの形で全員が声を出す場をつくる。
2.「本を読んだり、唱和することが恥ずかしい」と思う社員には、明るさや積極性の大切さを実例をもって教える。
3.「力夕苦しい」という社員がいるところは、経営者やリーダーの笑顔が多いか否か、自問自答してみる必要がある。
4.「こんな時間があるなら、早く仕事を始めてほしい」という社員には、社員が一丸となってやる仕事の効率のよさや、立派な社風をつくる意義を責め心なく教える。

*電話応対で会社のイメージが決まる:
1.明るく元気なこと。
2.タライまわしにしないこと(トヨタは2大以上にまわさない)。
 机の上に鏡を置いて、電話に出る前に鏡を見てニコッとしながら出lる会社もある。

*朝礼の意義:
 1.載を合わせ、そろえることは会社発展の原点(全員がその気にならないと合わないので、練習と継続が必要)
 2.活気の交流:会社への参画意識を高めていく近道。
 3.完全燃焼のスタートラインを創り、仕事を始める気分をつくる。 

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:29:18
lastupdate at 2007/07/26 11:58:21
修正