敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
2008 / 02   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
敬愛する倫友の皆様へ 「さわんちゃ通信」 沢矯正歯科医院
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO151-200
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO101-150
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO51-100
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
さわんちゃ通信NO1-50
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary


Category


Pageview Ranking

Search

«« No.124 | main | No.122 »»
«« カテゴリ内前記事(No.124) | さわんちゃ通信NO101-150 | カテゴリ内次記事(No.122) »»
2005/03/15
No.123
『本気でやると知恵が出る』
 みなさまこんにちは
 3月8日(火)の長岡市倫理法人会MSでは予定のモンゴルからの講師の方が来れなくなり、澤が上記のテーマでピンチヒッターをつとめさせて頂きました。

*本気でやればたいていのことは解決する。
 この話をすることによって一番身につまされるのは私自信であり、いかに普段本気でやっていないかを実感している。どんなことでもまだまだ出来ることは沢山あり、「このくらいでいいや」と自分が決めてしまっていると、その通りの結果になっている。ただ多少でも倫理的発想をベースにしていると、思わぬ感が働いたり、失敗してもそれをよい方向につなげることができる。

*本気で一所懸命にやってもうまくいかなかったり、悩む時は別の道や、やり方もあることの教えか、または機が熟していなかったり、自分が喜んでいなかったことに原因があるかもしれない。

*目標は高くもつべきであるが、実践のハードルは低くてもよい。ちいさなハードルを少しずつ乗り越えていくことで自己解決力がつく。

*クレームが生じた時に必要なこと:
@原因を調べる(ただし責め心をもたないで)
A「大丈夫」と言う。あるいは「これがよかった」と思う。
Bその理由を考えて反省したり、将来につなげる。
C最後に安心感を持って帰ってもらう。

*「よかったね」からスタート:
思いがけないトラブルが起きた時も、もっと悪い状況になる前でよかったと考える。「痛み」でさえも、このままでいたら大変なことになる教えであったり、まだ健康にもどれる証拠とも言える。死んでしまったら痛まない。

*「顎関節症」とかけて「夜中のマラソン」と解く。その心は:
  「そんなにがんばらなくてもいいかもしれませんね」で、顎関節症はまじめで努力家だが少し頑固なところがあったり、言いたいこともガマンしている方がなりやすく、それが心のストレスになってしまった時に起こりやすい。

*選択権はあなたに:
人は自分に選択の余地がないと指示的に命令された気分になって反発しやすいが、少しでも選択の余地があれば重んじられたと感じ、心に余裕が生まれる。ただし選択肢はせまくてもよい。たとえば、斜めにはえてきて他に悪影響を与える親知らず(智歯)の抜歯を患者さんにすすめる場合、「今にしますか?春休みにしますか?夏休みにしますか?」と間くが、その中に抜歯をしないという選択肢は入っていない。夏休みが来たら「あなたの希望した時期ですね」となる。

*「か」の一言で全て変わる:
相手になにかをしてもらう時に「〜して下さい」というのではなく、「〜して下さいますか?」とか「〜して頂いてよろしいですか?jと言うだけで、イメージが異なり
 協力が得やすい。さらには「名前は何ですか」とか「どなたですか」より「お名前をお間きしてもよろしいですか」となるとさらにグレードが一段とアップする。

*雑用という名の仕事はない:
自分がつまらない仕事だと思った時雑用になり、どんなささいな仕事でも本気になると使命感が持て好きになれる。そのためにも仕方なしにやるよりは、自分にとっての意
 味づけをしたり、物に名前をつけて挨拶をしたり、その部屋の出入りに軽く礼をすることもよい。そのことで、自分がそこにいる重要感や意義が増す。

*人間にしかできないことをやる:
最近はパソコンや機械の発達によりかなり複雑なことが早くできるようになったが、こんな時代だからこそ、人間にしかできないことを考える必要があり、自らの手や
 頭を使ってやったことが尊重される。

*ド素人の発想と玄人の実践:アイデアはまず量で、そのためにも他人のアイデアに便乗したり、損得勘定のない人達との巾広い付き合いが大切となる。その中からヒントをつかみ、それを実践に移す時は本気で玄人のごとくやり続けることが必要と思う。会議なども、相違点をさがし不満をぶつけ合うことが主たる目的ではなく、本質を見失わず、できるだけ共通点を見つけ出すことに意義がある。

感謝合掌
posted at 2007/06/13 14:21:45
lastupdate at 2007/07/26 11:19:23
修正